★★★ 介助犬デイジー & 引退犬エルモのブログ ★★★

  看板
 
介助犬シンシア、エルモからバトンを受け取ったデイジーの日常を紹介していきます。もちろん、エルモの様子も紹介します。

来年もよろしくお願いします。


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2009.12.31 (Thu)
 皆さん、今年もあと数時間となりました。
 今年も、ご支援・ご協力を有り難うございました。

1.介助犬の育成について
 今年は、日本介助犬協会が社会福祉法人として認可されてから5年がたち、念願の介助犬総合訓練センター「シンシアの丘」をオープンすることができました。
 「シンシアの丘」は、日本初の介助犬専用の訓練施設であり、最大25頭の訓練犬を収容することができます。
 しかし、日本全国で、新たに認定された介助犬の頭数は、ここ数年ずっと年間8~9頭となっています。
 全国の介助犬が、一度は50頭になったのですが、引退する介助犬がいるため、昨年(08/11/01現在:42頭)から、今年(09/11/01現在:48頭)にかけて、6頭しか増えていません。
 「シンシアの丘」では、今年9月に第1号の認定介助犬が誕生し、現在も2頭の合同訓練を行なっています。
 資金だけでなく、パピーホーム、ボランティアの方々の協力を安定的に確保し、「シンシアの丘」において、年間10頭の認定介助犬を誕生できるように頑張っているところです。

2.介助犬の受け入れについて
 今年10月に、JR東日本において、介助犬の同伴拒否がありました。補助犬法が施行され7年が経つのに、「盲導犬はOKだが、介助犬はNG」というJR東日本の職員の認識不足による同伴拒否です。
 補助犬法の認知度が低い上、周知の希薄化が原因だと思われます。これをきかけに、JR東日本だけでなく、受け入れ側の施設において、補助犬法の周知を徹底してもらいたいものです。
 ○JR東日本の介助犬同伴拒否のブログ

 反対に、宝塚市役所では、介助犬使用者が臨時職員としてですが新規採用されました。
 障がい者が、介助犬と一緒に、もっと社会参加できるように、障がい者、高齢者、子どもを含め、すべての人にやさしい社会になって欲しいです。

 来年も、皆さんのご支援・ご協力をよろしくお願いします。

コメント


管理者のみに表示