★★★ 介助犬デイジー & 引退犬エルモのブログ ★★★

  看板
 
介助犬シンシア、エルモからバトンを受け取ったデイジーの日常を紹介していきます。もちろん、エルモの様子も紹介します。

宝塚市長さんに面会


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2009.11.09 (Mon)
あゆみ表紙
あゆみ表紙
あゆみ内部
あゆみ内部
 今年は、日本介助犬協会が、日本初となる介助犬総合訓練センター「シンシアの丘」が開所しましたし、社会福祉法人になって丸5年です。
 それを記念して、「日本介助犬協会のあゆみ」を作成しました。
 「シンシアの丘」のことだけでなく、95年に設立された介助犬協会(日本介助犬協会の前身)の頃からの歴史が紹介されています。
 シンシア姉さんは、96年に介助犬協会にとっての第1号介助犬とデビューしたんだけど、当時は弱小の民間のボランティア団体で、大変なことがいっぱいあったらしいです。今も、色々と大変だけど、その頃と比べるとたいぶ改善されています。

市長応接室
市長応接室
 ところで、宝塚市長の中川さんは、衆議院議員時代に、身体障害者補助犬法の成立にご尽力いただきました。そして、「シンシアの丘」の開所式にも出席して下さり、「あゆみ」の作成に当たっても寄稿していただいています。
 そこで、中川さんへ「あゆみ」を届けるため面会してきました。当然、中川さんはとてもお忙しいので、事前に秘書課で調整してもらい、今日(11/9)の「宝塚市総合計画検討市民会議」の会合の前に、10分ほど時間を取っていただけたんです。
 中川さんは、「あゆみ」を懐かしそうにご覧なり、とっても喜んでくれました。
 中川さんには、障がい者、高齢者、子どもを含め、すべての人に「やさしい街づくり」を推進してもらいたいです。



 宝塚市役所では、11月02日から、ヴァニラちゃんの使用者さんが、臨時職員として働いています。当然、ヴァニラちゃんも一緒です。08年10月に、改正補助犬法が全面施行され、国等が管理する事業所に加えて、従業員56名以上の民間の事業所においても、補助犬同伴の受け入れが義務化されました。障がい者が、補助犬と一緒に社会参加する風景が当たり前の物になって欲しいです。

○新聞記事(2009年11月2日夕刊)
 神戸新聞朝日新聞産経新聞

コメント


管理者のみに表示