★★★ 介助犬デイジー & 引退犬エルモのブログ ★★★

  看板
 
介助犬シンシア、エルモからバトンを受け取ったデイジーの日常を紹介していきます。もちろん、エルモの様子も紹介します。

ジュディ・オングさんが、介助犬サポート大使に!


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2009.07.03 (Fri)
こんにちは!
こんにちは!
デモンストレーション!
デモンストレーション!
 7月2日は、歌手のジュディ・オングさんが、「シンシアの丘」を見学に来てくださいました。
 会長の橋本久美子さんが、ジュディさんと懇意にされていて、介助犬サポート大使への就任をお願いしたところ、快諾してくださったんです。
 介助犬サポート大使の主な仕事は、色々な場面で介助犬のことを広報してもらって、社会における介助犬への理解を深めてもらい、介助犬の認知度を高めてもらうことです。介助犬サポート大使の仕事はボランティアですが、介助犬サポート大使を引き受けてくれる方が増えてくれると嬉しいです。
 ジュディさんの公式サイトの「Judy's Hot News」やファン倶楽部の会誌では、日本介助犬協会のことを紹介してくれています。

スリスリ!
スリスリ!
記者会見!
記者会見!
 ジュディさんには、トレーニング室で、訓練犬のグミちゃんのデモンストレーションを見てもらいました。お父さんは、デモンストレーションに合わせて、障がい者の実際の生活において、介助犬がどんな風に役立ってくれているのか、どんなことに困っているかなどを説明していました。僕は、ジュディさんにスリスリしてもらえて、ウキウキでした。
 デモンストレーションの後には、施設を見学してもらったんだけど、バリアフリーはもちろんのこと、合同訓練室が、障がい者のニーズにあわせて、各部屋の設備を工夫してあることに、とっても感心してくれました。
 また、記者会見が、シンシア・ホールで開かれ、僕とお父さんも、ジュディさんと一緒に出席しました。
 記者会見では、ジュディさんが、介助犬に対する認識や思いも語られたのですが、普段から社旗貢献活動に携わっておられる上、犬のこと、訓練のことなども色々とご存知で、とても頼りになる方でした。
 スタッフの皆さんやお父さんは、ジュディさんが介助犬サポート大使を引き受けてくださったことをとっても喜んでいました。トレーナーさんのひとりが、ジュディさんの話に感動して、泣いてしまったくらいです(元々、涙もろいトレーナーですが・・・)。
 お父さんは、僕がサイン(足跡)した文庫本「介助犬シンシア」を、ジュディさんにプレゼントしていました。

 ジュディさんが「シンシアの丘」を訪問したことは、テレビや新聞で報道され、毎日新聞の記事は、毎日jpにも掲載されています。

コメント


管理者のみに表示