★★★ 介助犬デイジー & 引退犬エルモのブログ ★★★

  看板
 
介助犬シンシア、エルモからバトンを受け取ったデイジーの日常を紹介していきます。もちろん、エルモの様子も紹介します。

宝塚市立西山小学校での総合学習


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2008.11.21 (Fri)
授業中!
授業中!
授業の後で!
授業の後で!
 今日(11/21)は、NIEの一環で、宝塚市立西山小学校へ行ってきました。
 NIE(Newspaper in Education)は、学校などの授業で、新聞を教材として活用することです。

 西山小学校の3年生の総合学習で、介助犬のことを調べてくれているグループがあり、毎日新聞では、シンシア姉さんのことを初め、介助犬のことをたくさん報道しているので、学校から「介助犬の記事を書いている記者さんに学校へ来てもらって、介助犬の話をして欲しい」と言う依頼があったみたいです。
 記者さんには、いつもお世話になっているので、僕もお父さんと一緒にお手伝いに行くことになりました。
 最初は、3年生の介助犬グループの生徒さんだけに話をする予定だったんだけど、学校から「せっかく、エルモ君が来てくれるのだったら、授業で盲導犬を勉強している4年生にも話をして欲しい」という話があって、3年生の授業の後に、4年生にも介助犬の話をすることになりました。

 授業では、お父さんが、シンシア姉さんや介助犬の話をして、記者さんが、介助犬を取材することになった理由や、シンシア姉さんの連載のことなどの話しをして、僕はいつものように介助犬の仕事を皆に見てもらいました。
 また、生徒の皆さんには、「仕事中の介助犬に、勝手に触らないでくださいね。もし、街で介助犬を見かけたとき、介助犬をなでたいと思っても勝手に触らず、まず使用者さんに『介助犬にさわってもいいですか』と聞いて、OKをもらってから撫でてください」と伝えて、実際になでる方法を体験してもらいました。


4年生への講演!
4年生への講演!
 3年生の授業が終った後、少し休んでから、視聴覚室へ移動しました。
 4年生は、全員に話をするので、人数が多く、街で介助犬を見かけたときの接し方は、体験してもらえませんでしたが、お父さん達の話や僕のデモンストレーションは同じなので、介助犬のことを理解してもらえたと思います。
 皆さん、介助犬のことをたくさん調べて、これからも応援してくださいね。

 今日のことは、2009年11月22日の毎日新聞に掲載されています。

コメント


管理者のみに表示