★★★ 介助犬デイジー & 引退犬エルモのブログ ★★★

  看板
 
介助犬シンシア、エルモからバトンを受け取ったデイジーの日常を紹介していきます。もちろん、エルモの様子も紹介します。

関西学院大学・総合コース427「障害者問題」


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2008.10.16 (Thu)
教会の前で!
教会の前で!
時計台!
時計台!
 今日(10/16)は、関西学院大学で「障害者問題」の講義でした。僕にとって3年目です。
 お父さんは、いちおう関西学院大学の非常勤講師っていうことになっていて、今年で10年目だけど、年に2回なので、キャンパスの雰囲気は新鮮みたいです。

講義中!
講義中!
講義の後で!
講義の後で!
 今年の受講者は約350人と、例年の200人前後に較べて約2倍です。
 介助犬の講義なんだけど、90分授業が今日と来週の2回あるので、普段の講演よりも、とても詳しい話しをしてました。
 僕も、デモンストレーションが、いつもより長めなので張り切っちゃいました。

 講演の後には、介助犬について関心をもらってもらえるように、ふれあいタイムを設けて、僕は介助犬IDとケープを外してもらい、学生さんとスキンシップしました。
 「教科書で、介助犬(シンシア姉さん)のことを勉強したことがある」という学生さんもいたけど、「介助犬を初めて知った」という学生さんもいました。
 それに、身体障害補助犬法のことまで知っている学生さんは、とても少なかったです。
 これからも、まだまだ普及・啓発が必要です。

コメント

そんな大人数の中で立派に講演をされるエルモ君、エルモ君のお父さんは本当にすごいですね!!!
snoewhiteさん

シンシアとの講演は365回でしたが、エルモとの講演も60回を超えました。
エルモも、講演活動で頑張ってくれています。
実際に知る事の大切さ
エルモのパパさん、こんにちは。
やっぱり実際にお話しを聴いたり、接する機会を持つ事が大切ですね。
私も先日、松葉杖の方にお会いした時に、
自分が事故で松葉杖を経験した事を元にサポートさせて頂く事が出来ました。

そして、今日で点字を始めて7ヵ月ですが、
目の不自由な方々にも実際にお会いする機会が出来ました。

ネットやテレビでは伝わらない事も沢山ありますから、
実際に接する機会が出来た事に、とても感謝しています。

それから、盲導犬の事で、また嫌な思いをしました。
私が猫を亡くす、3ヵ月前に新しいパートナーに
交代になったユーザーさんの事なのですが、
ネットに、犬ッコロがいないとまともに歩く事も出来ない間抜けな視覚障害者とか、
盲導犬は使い捨てみたいな事が書かれていて、とてもかなしかったです。
私は前のパートナーとお別れする時の事等を沢山お聞きしましたが、
私だって、猫一匹死んでも悲しくて仕方なかったですが、
何年もいつも一緒に過ごして来たパートナーとお別れする事は、
私なんかより、もっと、もっと大変な事だったと思いました。

あと障害者の方々に対する差別も、とても悲しく思います。
もしも、自分の友達が事故にでも遭った時、友達が障
はじめまして
精力的に活動されている姿に、とても刺激をうけました・・・
これからの世の中を変えていかないといけない学生さんに
介助犬の必要性を一人でも多く感じとってくれたら嬉しいですね。
ざくろの森さん

ネットでの心無い書き込みは、当事者として、とても悲しく思っています。
補助犬のことだけでなく、障がい者に対しても、きちんと理解していただいて
いない方がいるのも事実です。
一人でも多くの人に、きちんと理解していただけるように、
まだまだ広報活動が必要だと思っています。
応援、よろしくお願いしもす。
ふらっとさん
初めての書き込み、有難うございました。

介助犬の普及啓発には、これからの社会を担ってくれる学生さんに、
障がい者や介助犬のことをきちんと理解してもらうことも、
とても重要だと思っています。

補助犬法が施行され8年がたったので、介助犬をはじめ補助犬への理解が
進んできましたように感じますが、補助犬法まできちんと理解してくれている人は、
まだまだ少ないです。

まだまだ、広報活動が必要ですので、よろしくお願いします。


管理者のみに表示