★★★ 介助犬デイジー & 引退犬エルモのブログ ★★★

  看板
 
介助犬シンシア、エルモからバトンを受け取ったデイジーの日常を紹介していきます。もちろん、エルモの様子も紹介します。

豊中市人権教育推進委員協議会の研修会!


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2007.10.12 (Fri)
講演会でのデモンストレーション!  今日は、豊中の市民会館で講演会でした。
 豊中市人権教育推進委員協議会(人権協)の推進委員研修講座です。
 お父さんが、人権協の研修講座で話をするのは9年ぶりなんだって。そのときに一緒に行ったのは、シンシア姉さんだけど・・・。

 お父さんは、自分の事故や障害のことから、介助犬の訓練や仕事、身体障害者補助犬法のことなどを、エピソードを交えて、笑い?を取りながら説明してました。また、出来立ての24時間テレビの「補助犬・普及支援DVD」もさっそく放映してました。

 ところで、参加された委員の皆さんは、ほとんどが女の人でした。
 僕は嬉しくって、介助動作のデモンストレーションでは、愛嬌をいっぱい振りまいちゃいました。サービスしすぎたかな・・・?
 笑いは、お父さんより僕の方がいっぱい取ってたよ!

 もっともっと沢山の人が、障害者のことや補助犬のことを正しく理解してくれると嬉しいのにな~。

FC2ブログランキング! 

コメント

お疲れ様でした
エルモ君、素晴らしいサービスっぷりでしたね(笑

仕事が終わって帰りにスーパーに寄ったら
一台の軽が駐車場に入ってきて、堂々と身障者スペースに車を止めました。
降りてきたのは自分の足でしっかりと歩いている男性でした。
講演を聴いた後だったので尚更ショックで、「現実はまだまだ厳しいのかなぁ」と思わされました。

身障者スペースに健常者が車止めたら罰金とか、道交法でも罰則規定を作ればいいのになってふと思いました(笑
もりやまさん
講演会に来ていただき有り難うございました。
久しぶりで、お会いできて嬉しかったです。

>堂々と身障者スペースに車を止めました。
>降りてきたのは自分の足でしっかりと歩いている男性でした。

まだまだ、身障者スペースがきちんと理解されていないのが実情です。

車いす使用者が車の乗り降りをするには、普通より幅の広いスペースが必要なことを理解してもらいたいです。

アメリカでは、健常者が身障者スペースに止めたら、州によって異なるみたいですが、数万円から十数万円の罰金があるそうです。

これからも、よろしくお願いします。

管理者のみに表示