FC2ブログ

★★★ 介助犬デイジーのブログ ★★★

  看板
 
介助犬シンシア、エルモからバトンを受け取ったデイジーの日常を紹介していきます。

シンシアさんに初めてお目にかかれました。


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

2019.11.16 (Sat)
記念式典 サイン

 祝辞の挨拶を終えた後、車いすスペースで式典を見ていたのですが、終了後に介助犬サポート大使のジュディ・オングさんや安藤美姫さんがわざわざ来てくださり、久しぶりでお会いすることができました。お陰で、デイジーを紹介することもできました。
 ジュディさんも安藤さんも、日頃からイベントにご参加くださるなど、日本介助犬協会の活動をご支援くださりとても有り難いです。  また、シンシアの名付けのきっかけになった南沙織(篠山明美)さんも式典に駆けつけてくださり、初めてお会いすることができました。シンシアは、南さんのクリスチャンネームで愛称になっていました。「月の女神」という意味があります。

 細~い縁をたどり、南さんにシンシアの本やDVDをお届けし、メールをいただいたのが10年前、シンシアと名付けてから25年、南さんの大ファンだった頃から数えると半世紀です。南さんにお会いできるとは思ってもいなかったので感激でした。
 南さんは「今は普通の人ですから」とおっしゃっられたのですが、無理を言って、南さんのCDにサインしていただきました。シンシアのお陰で、また家宝が増えました。
 全国に数頭しかいなかった介助犬の1頭でしかなかった「シンシア」ですが、介助犬の普及啓発のため、講演やイベントを地道に続け、国会を訪れたりする中で、毎日新聞で連載「介助犬シンシア」が始まり、テレビやCMに出演したり、本やドラマになったりして、ほんの少し有名になり、南さんにも「自分の愛称からシンシアと名付けられた介助犬が活躍している」という噂が届いていたそうです。

 ジュディさんと南さんは、当時CBS・ソニーに在籍されていて、担当のプロデューサーさんが同じだったことから仲良くされていたそうですが、南さんが芸能界を引退されたため、久しぶりの再会だったそうです。
 ジュディさんは、「身体障害者補助犬を推進する議員の会」の会長を務めてくださった橋本龍太郎元総理がジュディさんの後援会会長だったことをきっかけに、介助犬サポート大使を引き受けて下さいました。
 安藤さんも、介助犬の小説を2冊も執筆してくださった折原みとさんが、マンガ「安藤美姫物語~ I believe ~」を描かれたという縁があります。折原さんが介助犬の取材をする際には、シンシアと一緒に協力しました。
 色々な人のつながりで、介助犬への理解と支援が広がっていますが、その輪がますます広がることを願っています。

コメント


管理者のみに表示