FC2ブログ

★★★ 介助犬デイジーのブログ ★★★

  看板
 
介助犬シンシア、エルモからバトンを受け取ったデイジーの日常を紹介していきます。

紙ふうせんさんのリサイタルへ行ってきました。


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

2019.11.06 (Wed)
チラシ

 先月末(10月27日)、紙ふうせんさんの45周年記念リサイタルへ行ってきました。
 紙ふうせんさんは、補助犬の同伴拒否が無くならないことを知って、2002年から補助犬への応援を続けてくれていて、秋のリサイタルには、いつも補助犬使用者を招待してくださり、シンシアの頃からずっとお邪魔しています。
 「翼をください」をみんなで合唱したり、紙ふうせんさんの素敵な音楽とトークを楽しんできました。盲導犬のレイス君とデイジーは、音楽を楽しむというよりも、静かに熟睡していましたが、これも、補助犬の重要な仕事の1つです!
 レイスくんは10歳になるので、もうすぐ引退だそうで、来年は後継の盲導犬と来られることになるようです。デイジーも7歳で、引退まであと3年ほどしかありません。引退のことを考えると寂しくなります。

楽屋花

 紙ふうせんさんは、シンシアをテーマにした「あなたの風になりたい」と「補助犬トリオ」の補助犬を応援する曲をCDリリースしたり、補助犬法の改正を要望する際には、署名を募る街頭ミニライブも行うなど、補助犬を支援してくれています。
 2月に、シンシアにちなんだエピソードが盛り込まれるピッコロ劇団の舞台「夢をみせてよ」が、同じ兵庫県立芸術文化センター・阪急中ホールで公演されるので、リサイタルのリーフレットに舞台のチラシも同封してくれました。
 おかげで、舞台のチラシにじっくりと目を通してくれる人が沢山いて、有り難いです。
 舞台「夢をみせてよ」にも沢山の人が来てくれますように・・・

リーフレット

コメント


管理者のみに表示