FC2ブログ

★★★ 介助犬デイジー & 引退犬エルモのブログ ★★★

  看板
 
介助犬シンシア、エルモからバトンを受け取ったデイジーの日常を紹介していきます。もちろん、エルモの様子も紹介します。

補助犬シールをご存知ですか?


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2018.08.01 (Wed)
補助犬シール

 補助犬シールをご存知ですか?
 レストランやスーパー、百貨店などの入り口に貼付されているので、ご存知の方も多いと思います。
 全国で比較的広く利用されている補助犬シールは、写真の3種類だと思います。
 補助犬シールは、補助犬の普及啓発のために、施設等に貼付してもらっています。
 しかし「補助犬を同伴できるのは、補助犬シールの貼られているお店だけ」と誤解している人が多いんです。
 補助犬法では「国、地方公共団体、公共交通事業者、不特定多数の者が利用する施設の管理者は、身体障害者補助犬の同伴を拒んではならない」とされていて、補助犬シールの有無に関係なく、補助犬の同伴の受け入れが義務付けられているんです。
 誤解のないようにお願いします。

 ただ、この補助犬シールにも、残念なところがあるんです。
 厚生労働省が配布している左のシールは、【Welcome!ほじょ犬】となっています。
 中央のシールは、宝塚市が、補助犬法成立前に介助犬の受入を進めるために、デザインを全国公募して作ったシールです。当初は【介助犬同伴可】となっていましたが、補助犬法が成立した際に【補助犬】だけにし、補助犬法の説明を追加しました。次の増刷から、【ようこそ!補助犬】に変更しました。
 しかし、全国盲導犬施設連合会が配布している右のシールは「補助犬同伴可」となっています。補助犬法成立前に「盲導犬同伴可」になっていた文言が、補助犬法成立の際に、「補助犬同伴可」に変更されました。

 全国の盲導犬訓練事業者9団体も出席した補助犬関連の委員会で、「【補助犬同伴可】では、『補助犬を同伴できるのは、補助犬シールの貼られているお店だけ』という誤解を与えてしまうので、文言を変更して欲しい」とお願いしたことがあるのですが、まだ変わっていません。
 補助犬関係者みずからが誤解を与えるシールを配布しているのは残念なので、早く変更して欲しいと思っています。

※個人的には、宝塚市の「補助犬シール」が好きです。シンシアがモデルになっていますし、赤いハートが描かれていて、優しい気持ちが伝わってくる気がします。
 シンシアの「補助犬シール」は、日本補助犬情報センターのウェブサイトから請求できますので、是非活用して下さい。
 http://www.jsdrc.jp/goods/

コメント


管理者のみに表示