★★★ 介助犬デイジー & 引退犬エルモのブログ ★★★

  看板
 
介助犬シンシア、エルモからバトンを受け取ったデイジーの日常を紹介していきます。もちろん、エルモの様子も紹介します。

シンシア像見学&プチ同窓会♪


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2015.04.14 (Tue)
プチ同窓会
プチ同窓会
 先日のプチ同窓会は、「シンシアの銅像を見に行こう!」ということで、計画してくれました。同級生に感謝です。
 当日は、シンシア前に集合です。除幕式から約1ヶ月ですが、僕とデイジーにとって、シンシア前での初めての待ち合わせになりました。
 みんなが、シンシアとの対面?を楽しみしてくれていて、待ち合わせの時から、シンシアを撫でたり写真撮影したり、ワイワイ・ガヤガヤと盛り上がりました。
 そのお陰?で、小学生の女の子が声をかけてくれました。
 「この子が、銅像のシンシアちゃんですか?」

 デイジーと一緒にシンシアの銅像の前にいると、同じことをよく質問されます。
 シンシアは生きていたら21歳で、介助犬を引退してから10年になるのに、「介助犬=シンシア」と思っている人がまだ多いみたいです。黒ラブのエルモでさえ、「シンシアちゃん♪」って声を掛けられてましたから・・・。

 女の子に、
 ・シンシアは、おじさんの最初の介助犬でもう亡くなっていること
 ・デイジーが、3代目の介助犬で、3歳の女の子であること
などを説明し、デイジーが実際に物を拾うところを見てもらいました。
 女の子は、本当の介助犬を見るのは初めてで、とても喜んでくれました。

 宝塚市の小学校では、道徳の福祉読本「ふれあう 心」の中で、市内で活躍している盲導犬や介助犬が紹介されていて、以前は「シンシア」が、今は「エルモ」が登場しています。
 そのため、宝塚市の小学生は、4年生の時に補助犬のことを勉強するのですが、シンシアの銅像をきっかけに、さらに補助犬への理解を深めてくれると嬉しいです。


 同窓会の会場は、駅前にある宝塚ワシントンホテルの「日本料理・島家」さんです。
 ワシントンホテルは、以前から介助犬を快く受け入れてくれていますが、幹事さんのお陰で、綺麗な桜の見える部屋だったし、料理も美味しかったし、お店の人がデイジーを歓迎してくれたので、とても楽しめました。
 デイジーにとって、初めての日本料理のお店でしたが、とっても良い子でした。
 補助犬を快く受け入れてくれるお店が、もっと増えてほしいです。

コメント


管理者のみに表示