★★★ 介助犬デイジー & 引退犬エルモのブログ ★★★

  看板
 
介助犬シンシア、エルモからバトンを受け取ったデイジーの日常を紹介していきます。もちろん、エルモの様子も紹介します。

何かお手伝いをすることはありませんか?


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2011.09.25 (Sun)
エレベーター
エレベーター
吹き抜け
吹き抜け
 フロイラインを出たのは3時過ぎだったので、「まだ、お墓は暑いだろうな」と思っていたら、阪急宝塚駅にあるソリオ宝塚に寄りました。ソリオ宝塚は、宝塚阪急や専門店街などからなる複合商業施設です。
 お母さんが、宝塚阪急で晩ごはんのお惣菜などを買うみたいで、僕はお父さんと一緒に、3Fフロアーをウロウロしていました。
 電力不足による節電のためか、室温が高めで少し暑かったのですが、お父さんが、冷気の吹き出し口を見つけて、そこでお母さんの買い物が終わるのを待ってました。僕も涼しくて良かったけど、車いすのお父さんが、隅っこの方で佇んでいるので、たくさんの人が心配して「何かお手伝いをすることはありませんか?」と声をかけてくれました。お父さんは「暑いので、冷気の吹き出し口の前で涼んでいるだけなので大丈夫です」と答えてたけど、多くの人が声をかけてくれたのはとても嬉しかったです。
 お父さんが怪我をして間もない頃(20年前)は、車いすで街に出かけても声をかけてくれる人は少なかったみたいです。お手伝いしたくても、どうすればよいのかわからなくて、声をかけるのを躊躇する人が多かったのかもしれないけど、昔に比べると、バリアフリーやユニバーサルデザインなどが進んで、車いすの人が頻繁に出かけるようになったので、一般の人の意識も変わってきたのかな?

コメント


管理者のみに表示