★★★ 介助犬デイジー & 引退犬エルモのブログ ★★★

  看板
 
介助犬シンシア、エルモからバトンを受け取ったデイジーの日常を紹介していきます。もちろん、エルモの様子も紹介します。

2011 イタリア・ボローニャ国際絵本原画展


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2011.09.16 (Fri)
入口のオブジェ
入口のオブジェ
観覧中!
観覧中!
 8月20日は、西宮市大谷記念美術館で開かれている「2011 イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」へ行ってきました。お父さんは、98年にシンシア姉さんと初めて訪れてからずっと来ていますが、僕は6回目です。
 入口には、「ネコ科の動物」をモチーフにした作品「アミューズメント・ミュージアム(槙下晶さん)」のオブジェが飾ってありました。この作品は招待状にも描かれていて、お父さんが一番楽しみにしていたみたいです。実際に観覧してからも、この作品が一番気に入ったみたいです。
 今年も、学芸課長さんが案内してくれました。絵の説明だけでなく、作者や審査に関するエピソードなども話してくれるので、絵心の無いお父さんでも、より興味深く、楽しく観覧できました。
 僕は、お父さんに合わせて、ゆっくり歩いたり、速く歩いたり、立ち止まったり、きちんと車いすの横に付いて歩くので、周りの人に迷惑をかける事はないですよ。
 今回はイヌをモチーフにした作品が少なくてちょっと残念でした。でも、お父さんも僕もイヌ派ですが、ネコだけでなくトラやヒョウなどのネコ科の動物もカワイかったです。
 9月8日(木)には、入場者が1万人を突破したそうです。原画展は9月25日(日)まで開催されていますので、皆さんも是非訪れてほのぼのとした気持ちになってください。

8月21日の毎日新聞・朝刊・阪神版に、観覧の記事が掲載されました。

コメント


管理者のみに表示