★★★ 介助犬デイジー & 引退犬エルモのブログ ★★★

  看板
 
介助犬シンシア、エルモからバトンを受け取ったデイジーの日常を紹介していきます。もちろん、エルモの様子も紹介します。

ジュディ・オングさんのチャリティーグッズ!(介助犬フェスタ2011)


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2011.05.13 (Fri)
サイン入り木版画集
サイン入り木版画集
特製Tシャツ!
特製Tシャツ!
特製ハンカチ!
特製ハンカチ!
 5月14日の「介助犬フェスタ2011」では、有名人チャリティーオークションが行なわれますが、ジュディ・オングさんも、チャリティーグッズを提供してくださいました。
 チャリティーグッズは、サイン入りの「木版画集」、木版画がプリントされた「特製Tシャツ&ハンカチ」です。
 ジュディさんのファンの方だけでなく、介助犬に関心のある方も、是非ともチャリティーオークションに参加して、チャリティーグッズをゲットしてくださいね。

 ジュディさんは、色々な社会貢献活動に取り組んでおられますが、2009年からは、日本介助犬協会の介助犬サポート大使として、介助犬の普及啓発を支援してくださっています。
 介助犬サポート大使の仕事はボランティアですが、色々な場面で介助犬のことを広報してくださっており、とても感謝しています。「シンシアの丘」にも見学に来ていただきましたし(以前のブログ)、介助犬の写真展やイベントなどにも出席していただいています。社会における介助犬への理解を深まるように、今後ともよろしくお願いします。
 今回の「介助犬フェスタ2011」では、チャリティーグッズを提供してくださっただけではなく、フェスタ当日は、会場にお越しくださり、お子様向けに、お絵かき教室「ジュディ・オングさんと一緒にみんなで介助犬の絵を描こう!」も開催してくださいます。お楽しみに。

 お父さんにとって、ジュディさんは、歌手や女優さんのイメージが強いのですが、版画家としても、倩玉という名前で活躍されており、日展入賞など、たくさんの賞を受賞されています。
 兵庫県丹波市の美術館で開かれたジュディさんの個展「木版画の世界展」に、お父さんと一緒に行ったことがあります。日本家屋をテーマにしたものも多く、畳3~4畳くらいはある大きさ作品でした。銀閣寺や平等院の作品は、離れた所から見ると、まるで写真のようです。お父さんは、「銀閣瑞雪」という、雪の銀閣寺を描いた作品がとても気に入ったみたいです。

〇介助犬フェスタ2011
 目的:介助犬についての認知・理解の拡大
 日時:2011年5月14日土曜日 午前10時~午後5時
 主催:社会福祉法人 日本介助犬協会
 場所:愛知県 愛・地球博記念公園(モリコロパーク)内 地球市民交流センター
 専用サイト:http://www.kaijoken-festa.jp/

コメント


管理者のみに表示