★★★ 介助犬デイジー & 引退犬エルモのブログ ★★★

  看板
 
介助犬シンシア、エルモからバトンを受け取ったデイジーの日常を紹介していきます。もちろん、エルモの様子も紹介します。

関西労災病院


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2010.04.26 (Mon)
 おんぶして階段を降ろしてもらったお陰で、無事に関西労災病に着きました。ヨード造影剤を使ったX線検査があるみたいです。検査の後、たま~に体調が悪くなることがあるので、お母さんも一緒です。往きはお父さんが車を運転するけど、帰りはお母さんが運転します。
 まずは、検査科に検体を出して、診察の順番を待ちます。待合室には、たくさんの人が待っているので、けっこう待つんですよね。
 ようやく順番が来て、健康状態や検査結果をチェックしもらい、「問題なし」ということで、同意書にサインをして診察は終わりです。
 その後、放射線科へ行って、X線検査を受けるんだけど、お父さんだけ検査室に入って、僕とお母さんは、X線を浴びないように、検査室の前で待ちます。
 IVP (静脈性腎盂造影)という腎臓や膀胱の病気を調べる検査で、ヨード造影剤を打つ前と打った後に、X線撮影をします。
 検査が終わると、X線フィルムを受け取り、また診察室へ。
 先生にX線フィルムを診てもらい、特に問題なく正常とのことで一安心です。
 お父さんは、気分が悪くなることも無かったので、診察の後は、病院の中のレストランで、遅めの昼食を食べて帰りました。
 ちなみに、お父さんは野菜カレー(ダイエットに気を使ったみたいです)で、お母さんはラーメンでした。

コメント


管理者のみに表示