★★★ 介助犬デイジー & 引退犬エルモのブログ ★★★

  看板
 
介助犬シンシア、エルモからバトンを受け取ったデイジーの日常を紹介していきます。もちろん、エルモの様子も紹介します。

新神戸オリエンタル劇場


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2010.04.12 (Mon)
新神戸オリエンタル劇場
新神戸オリエンタル劇場
 新神戸オリエンタル劇場へ着くと、入り口の前には、たくさんの女の人が並んでいました。男の人もいるけど、6分の1くらいです。
 主演は、沢田研二さんなので、グループサウンズ世代のご年配のお姉さん?が多かったです。昔は、「ジュリー」の追っかけをしてはったんだろうなぁ・・・。

 ところで、シンシア姉さんやお父さんが、富田靖子さんに初めて会ったのは、新神戸オリエンタル劇場だったんだって。
 富田さんが、ドラマ「シンシア~介助犬誕生ものがたり」の主役に決定したことは、2003年01月10日に発表されたんだけど(2003年01月11日朝刊←クリック)、ちょうど、富田さんが「女狂言2003」に出演されていて、千秋楽に招待してくださり、観劇の後、テレビ局の人と一緒に会ったそうです。だから、もう7年のお付き合いになります。そのときに、富田さんに書いてもらったサインは大切に飾ってあります。

介助犬同伴可シール
介助犬同伴可
シール
 劇場の入り口を入ったところには、階段が3段あります。7年目は劇場の人が抱えてあげてくれたんだけど、今回は昇降機が設置されてました。4~5年前に設置されたそうですが、車いすでも利用しやすくなっています。
 補助犬については、1999年当時に、親会社であったダイエーグループが介助犬同伴の受け入れを認めた際に、子会社である「新神戸オリエンタルシティ」でも介助犬の同伴が可能になり、そのころからずっと、ビルの入り口には、シンシア姉さんの「介助犬同伴可シール」と「盲導犬同伴可シール」が貼ってあります。
 なので、僕のことは全然問題ないです。


(補足)
 紛らわしい書き方をしていました。
 2003年に、身体障がい者補助犬法(補助犬法)が完全施行されたので、スーパー、コンビニ、レストラン、ホテル、病院・劇場・映画館・ホール・・・などなど、不特定多数の人が利用する施設においては、補助犬の受入が義務づけられています。
 だから、どこの劇場へも補助犬を同伴できるはずなのですが、補助犬法が十分に周知されていないこともあって、補助犬法を理解していない担当者がいて、補助犬の同伴を拒否されてトラブルになることがあります。たいていの場合、本部に確認してもらうことでOKになります。しかし、このやりとりが、精神的に苦痛なんですけどね。
 補助犬法には、罰則規定はありませんが、補助犬の同伴を拒否することは違法行為です。悪質な場合には、法務局から「障がい者の人権を侵害したと」して、説示が行なわれた例もあります。

 ダイエーグループでは、補助犬法が成立する以前の1999年から、補助犬の同伴を受け入れてくれています。そのため、当時、ダイエーグループだった新神戸オリエンタルシティー(新神戸オリエンタル劇場を含む)でも、1999年からずっと補助犬の同伴を受け入れてくれています。

コメント


管理者のみに表示