★★★ 介助犬デイジー & 引退犬エルモのブログ ★★★

  看板
 
介助犬シンシア、エルモからバトンを受け取ったデイジーの日常を紹介していきます。もちろん、エルモの様子も紹介します。

兵庫県保育協会での講演会!


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2007.01.27 (Sat)
講演会の後で! 今日は、今年最初の講演会だったんだ! 兵庫県保育協会主催の講演で、伊丹市のスワンホールへ行ってきた。
 今日の講演は、保育士さんの研修の1つなんだって。
 皆さんは、せっかくの土曜日だったんだけど、朝早くから沢山の人が来てくれた。
 お父さんは、保育士さんの研修ということで、シンシア姉さんや僕との生活を紹介しながら、「介助犬は褒めて訓練すること」「犬の得意なこと・好きなことを伸ばして、介助動作につなげること」「障害者の人も、介助犬のリーダーになれるように努力しなければならないこと」などを、いつもより長く話してたみたい。
 お父さんの講演の後は、いつものように僕のデモンストレーション!
 僕も、りモコンを取ってきたり、コインを拾ったり、車いすの横をきちんと歩いたりと、張り切っちゃいました。
 皆さんから、「介助犬の訓練は、子供の教育に通じるものが沢山ありますね。 これからの仕事に役立てます。」って言われて、お父さんは喜んでました。







コメント

エルモちゃんへ。木村さんの体調は如何ですか?お忙しい中、また、お寒い中伊丹市までおいで下さってありがとうございました。エルモちゃんから見る木村さんはどんな方でしょうか?きっとやさしく思いやりがあり、そして頼りがいのある、そばにいて安心出来る方なのでしょうね。私達子どもに関わる仕事をしている者として、子ども達がみんなエルモちゃんと同じ様な気持ちで日々過ごしているか。大好きな安心できる人であるか。お話を伺いながら自分を考え直していました。気を引く為にいたずらをする子どもをどう受け止め、禁止語を使わずに生活を修正する方法など、介助犬を育てる事と保育をするうえでの心のつながりは全く同じですね。
エルモちゃんの姿を胸に温かい心を忘れないように心がけたいと思います。
心豊かな温かい木村さんご夫妻に宜しくお伝え下さい。
菅さん
土曜日は、お世話になりました。
お父さんは「保育士の皆さんが、熱心に講演を聞いてくれた」と、とっても喜んです。
保育士さんの子供への接し方が、介助犬使用者や介助犬トレーナーの介助犬への接し方と共通しているのは、人の犬も褒められたり、喜んでもらえたりする事が好きだということですね。
これからも、よろしくお願いします。

管理者のみに表示