★★★ 介助犬デイジー & 引退犬エルモのブログ ★★★

  看板
 
介助犬シンシア、エルモからバトンを受け取ったデイジーの日常を紹介していきます。もちろん、エルモの様子も紹介します。

愛犬のしつけ方教室


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2010.03.28 (Sun)
普通の歩行
普通の歩行
2組で歩行
2組で歩行
2組で歩行
2組で歩行
4組で歩行・左から2番目が僕
4組で歩行
左から2番目が僕
4組で歩行・左から3番目が僕
4組で歩行
左から3番目が僕
マーク取りゲーム
マーク取り
ゲーム
 3月28日は、愛犬のしつけ方教室でした。
 教室と言っても、お友達のワンちゃんにも会えるし、とっても楽しいので、会場の動物愛護センターに近づくとウキウキしちゃいます♪

 今日は、飼い主さんの歩行に合わせて、きちんと歩くレッスンでした。
 最初は、お父さんと二人で、レッスンルームを、他の人たちとぶつからないように、ランダムに歩きます。これはいつものことだから簡単です。
 次は、コルくん(ゴールデン)と飼い主さんと一緒に、2人と2頭のグループで一直線に整列して歩くレッスンです。曲がるには、内側の時はゆっくり、外側の時は速く歩かないといけないし、他のグループの人たちともぶつからないようにしないといけないので、お父さんの号令で、直進したり、曲がったり、斜めに歩いたり、Uターンしたり、時には立ち止まって座ったり、案外忙しかったです。
 次は、4人と4頭で一直線に歩くレッスンだったんだけど、車いすの父さんは、うまく付いていけなかったので、急きょお母さんがピンチヒッターです。幅がより広くなるので、壁からの距離を考えないで曲がり、外側の人が曲がりきれないなど苦労してました。でも、ワンちゃんたちは、僕も含めてみんな飼い主さんにきちんとくっついて歩いてましたよ。
 みんながお利口さんなので、介助犬の僕は負けてはいられません。

 後は、飼い主さんの横をノーリードで歩いているところに、ボールやおもちゃが転がってきても無視して歩く練習をして、最後に「マーク取りゲーム(いわゆる、椅子とりゲーム)」をしました。マーク取りゲームは、賞品が出るわけでもないのに、飼い主さんは、けっこう本気です。
 楽しいレッスンなので、1時間ちょっとがあっという間に終わっちゃいました。
 今日も、楽しかったです。

 ところで、僕(介助犬)が「愛犬のしつけ方教室に通っている」と言うと、「エルモくんは、何か問題があるんですか?」っていう人が時々います。
 もし問題があれば、協会のトレーナーさんに見に来てもらわなければならないし、重大な問題なら、協会で再訓練することになるかもしれません。
 お父さんと僕は、問題があるからではなく、今のハイレベル?の状態を維持できるように、「愛犬のしつけ方教室」に通っているんです。
 介助犬の訓練中は、トレーナーさんがきちんとフォローしてるので問題が無かった介助犬も、きちんと管理されなかったり、間違った管理をされていると、少しずつレベルが下がってくるかもしれないので、使用者さんの責任は重大です。
 だから、「愛犬のしつけ方教室」へ通うことはとても良いことだと思っています。

コメント


管理者のみに表示