★★★ 介助犬デイジー & 引退犬エルモのブログ ★★★

  看板
 
介助犬シンシア、エルモからバトンを受け取ったデイジーの日常を紹介していきます。もちろん、エルモの様子も紹介します。

とあるレストラン


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2010.02.20 (Sat)
リフトタクシー
リフトタクシー
お店の前で
お店の前で
 ちょうど「介助犬シンシア写真展」を見終わったら、予約してもらっていたリフトタクシーがJKAへ迎えに来てくれました。
 お世話になった皆さんに挨拶をして、さっそくリフトタクシーに乗り込みました。
 大型のワンボックスカーなので、運転手さん、お父さん、お母さん、僕だけでなく、協会のスタッフさん4人が乗っていましたが、まだ車いす1台が乗れる余裕がありました。
 リフトタクシーは、お父さんとお母さんだけで乗ると料金が割高になるんだけど、今日みたいに大人数だとリーズナブル?です。

ゆずさんのサイン樽
ゆずさんの
サイン樽
テーブルで
テーブルで

 ところで、てっきり駅に向かうのかと思っていたら、とあるレストランの前で止まりました。知り合いの人の行きつけのレストランです。
 「オナーシェフさんの料理がとても美味しい!」と聞いていたので、「東京に来たときには、一度連れて行って欲しい」とお願いしていたみたいです。ちゃんと「補助犬シール」も貼ってくれていますよ。
 知り合いの人が「人気のお店で、予約を取るのも大変なんだ!」と言っているので、お店の名前は伏せておきます。
 シェフさんは、長年フレンチ界で活躍した後、イタリアンの修行に積んだそうで、ユーロキュイジーヌ(欧州料理)だそうです。
 こんな風に書くと緊張して肩がこってしまいそうですが、気取りのない普段着で訪れられる16席のこぢんまりした家庭的なお店です。
 シェフさんは、とても気さくで優しい方でした。
 タレントさんなど著名な方もよく訪れるそうで、「フォークデュオ『ゆず』さんのサインが入った樽」や「パスタボトルに入れられたネクタイ」などが飾ってありました。すべてお客さんからのプレゼントだそうです。

リエットなど
リエットなど
前菜
前菜
 最初は、黒豚のリエット、フランスパン、バーニャカウダが出てきました。といっても、お父さんにとってはチンプンカンプウンで、知り合いの人から料理の説明を受けていました。リエットは、フランス料理で、バターみたいにパンに塗って食べる豚肉のペーストだそうです。バーニャカウダは、イタリアの冬の野菜料理で、「バーニャ」は「ソース」、「カウダ」は「熱い」って意味らしいです。
 お父さんは、「そんなことを知らなくても、とっても美味しい」って言ってました。

スパゲッティ・香草
スパゲッティ香草
牛ホホ肉
牛ホホ肉
デザート
デザート
 パスタは、お父さんが「牛挽肉と香草のスパゲティ」、お母さんが「富山産ホタルイカと白菜のトマトソーススパゲティ」を頼んでました。二人で仲良く?シェアするはずだったのに、美味しくってお母さんはさっさと食べちゃって、自分だけお父さんのパスタも味見をしてました。
 メインディッシュは、お父さんが「国産 牛ホホ肉の赤ワイン煮込み」、お母さんが「北海道産えいヒレの蒸し煮プロヴァンス風」で、これはちゃんと二人でシェアしてました。

 料理の説明はしませんが、とっても美味しかったらしく、お父さんはダイエットのことなんかすっかり忘れて食べてました。

コメント


管理者のみに表示