★★★ 介助犬デイジー & 引退犬エルモのブログ ★★★

  看板
 
介助犬シンシア、エルモからバトンを受け取ったデイジーの日常を紹介していきます。もちろん、エルモの様子も紹介します。

今日は、身障者用個室ではありません。


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2010.02.17 (Wed)
新大阪駅の待合室で
新大阪駅の
待合室で
新幹線の座席で
新幹線の
座席で
 列車の遅延はあったけど、余裕を持って出かけていたので、新幹線の発車時刻30分前には、新大阪駅に到着しました。
 直ぐにホームへ上がると寒いので、待合室で時間を潰しました。新大阪駅はコンコースを工事中で、仮設の柱がたくさん建っていて、待合室もとても狭くなっていたので、隅っこにマットを引いてもらって寝転んでいました。
 テレビが設置されていて、バンクーバー・オリンピックのカーリングの「日本VS米国」の試合を放送していました。接戦だったので、お父さんはドキドキしながら見ていたけど、あっという間に新幹線の時間が迫って、第8エンドを「7対7」で終えたところで、後ろ髪?をひかれながら新幹線のホームへ上がりました。

 今日は、新幹線の座席が、身障者用個室ではなかったです。
 身障者用個室は、一般車両と同じ空調に繋がっています。一般車両は乗客が多いので、人の体温なので、ちゃうど良い暖かさになるんだけど、身障者用個室は、お父さんとお母さんと僕だけなので、冬の時期にはとても寒くなってしまいます。
 そのため、今日は身障者用個室ではなく、一般の座席にしたみたいです。でも、どこの座席でも良いということではなく、身障者用個室と同じ11号車にある12番のA・B列の席です。
 通常、新幹線の座席は、「2座席+3座席」になっていますが、11号車の12番は「2座席+2座席」になっていて、A・B列については肘掛が可動式になっているんです。肘掛が可動するお陰で、お父さんでも車いすから座席へ乗り移ることも出来ます。今日も、お父さんは座席に移ったけど、通路をふさがないように車いす用スペースがあるので、車椅子に乗ったままでいることも可能です。
 どちらにしても、今日は朝早く起きたし、客室が暖かくて快適だったこともあり、お父さんも、お母さんも、僕も、グッスリと寝ることができました。
 でも、身障者用個室の方がゆったりしているので、真夏と真冬には、身障者用個室の温度調整が出来るようになればいいんだけどなぁ?

コメント


管理者のみに表示