★★★ 介助犬デイジー & 引退犬エルモのブログ ★★★

  看板
 
介助犬シンシア、エルモからバトンを受け取ったデイジーの日常を紹介していきます。もちろん、エルモの様子も紹介します。

サンタ・・?


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2009.12.25 (Fri)
サンタ??
サンタ??
 赤い服を着てるけど、サンタではないですよ。
 今日(12月25日)、動物病院で胸にできた「しこり」を取ってもらって傷口に絆創膏を貼ってあるので、その絆創膏が剥がれないように服を着てるんです。

 以前のブログにも書いたけど、1年半くらい前に、お母さんが胸のところに、1cm未満の小さなしこりを見つけてくれたんです。その組織を調べたところ、良性の脂肪腫ということだったので、経過観察することになってたんだけど、2cmくらいの大きさになりました。
 獣医師の先生から「良性でも、大きくなっているので、取った方が良い」との勧めで、取ってもらうことになったんです。
 人間だったら局部麻酔で切除するらしいけど、僕たち動物は、切除の間にジッとしていることができないので、全身麻酔で切除するみたいです。
 でも、全身麻酔には、リスクや身体への負担があります。だから、全身麻酔は出来るだけやりたくないので、少し早いけど、全身麻酔の必要な歯石取りも、一緒に行なってもらうことになりました。

しょんぼり
しょんぼり
絆創膏
絆創膏
 昨日の晩ごはんを食べた後、今朝になっても、ご飯がもらえないし、水飲みも片付けてありました。
 いや~な予感がしてたんだけど、お昼過ぎに車で出かけることに。車の中でも、しょんぼりしてたんだけど、やっぱり獣医師の先生のところに着いて、僕ひとりを残して、お父さんたちは帰ちゃいました。

 お父さんたちが迎えに来てくれたのは、しこりの切除も、歯石取りも終り、麻酔も覚めてからでした。
 僕は、お父さんの顔を見つけて、ホッとして駆け寄りました。
 獣医師の先生のところに来たときは、僕がしょんぼりしていたこともあって、お父さんは、「お昼に来たときより、今の方がずっと元気になってる。痛がる様子もないのでホッとしました。」って言ってました。
 家に帰ってからも、とっても元気で、普段とほとんど変わりません。
 麻酔中も点滴をしていたので、水分も栄養も足りているらしいんだけど、とっても食慾旺盛で、晩ごはんをガツガツと平らげちゃいました。

コメント


管理者のみに表示