★★★ 介助犬デイジー & 引退犬エルモのブログ ★★★

  看板
 
介助犬シンシア、エルモからバトンを受け取ったデイジーの日常を紹介していきます。もちろん、エルモの様子も紹介します。

関西労災病院


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2009.12.24 (Thu)
廊下で
廊下で
体重計と血圧計
体重計と血圧計
 今日(12月24日)は、お父さんの2ヶ月に1回の定期診察で、関西労災病院へ行ってきました。
 関西労災病院の駐車場の入り口には、自動発券機が設置されています。握力のないお父さんは、駐車チケットを取れないので、僕が取ってあげます。
 後部座席で寝ている僕は、お父さんの「カム・フロント!」という指示で助手席へ移動します。そして、「テイク・チケット」の指示で、お父さんの膝を踏み越えて、運転席の窓から顔を出し、チケットをくわえて、お父さんに渡します。
 これだけのことなのに、お父さんはとっても喜んでくれます。
 今は、チケットを取る仕事は駐車場くらいだけど、ETCがなかった頃の高速道路では、入口ゲートの自動発券機からチケットを取らないといけなかったんだって。でも、当時の協会では、チケットを取る訓練をしていなかったので、シンシア姉さんは、介助犬になってから、お父さんとお母さんが訓練して、チケットを取る仕事を覚えたらしいです。僕は、協会にいるときから、チケットを取る訓練を受けたけどね。
 使用者さんは、介助犬と暮らしているうちに、「新しい仕事の要望」とかが出てくるので、介助犬になってからも、新しい仕事を覚えたりするんですよ。

 さて、診察室の前には、血圧計と体重計が置いてある(写真)ので、お父さんは自分で血圧と体重を測ります。血圧は、家の簡易血圧計でも測れるけど、車いすに乗ったままで測定できる体重計は病院にしかないので、体重測定は2ヶ月に1回です。たまに、2kgくらい太っていることがあり、そういう時は、お父さんは慌ててダイエットしています。

 今日は、どういうわけか、ものすごく混んでいました。11時半の予約だったのに、診察が始まったのは13時でした。11時過ぎから、診察室の前で待っていたので、2時間待ち。
 診察はたった5分だったのに。
 あ~、待ちくたびれた・・・・。

※関西労災病院は、シンシア姉さんが介助犬になった1996年から、介助犬を受け入れてくれています。

コメント


管理者のみに表示