fc2ブログ

★★★ 介助犬デイジーのブログ ★★★

  看板
 
介助犬シンシア、エルモからバトンを受け取ったデイジーの日常を紹介していきます。

指定期間 の記事一覧

天気の良い日は・・・


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

2024.04.25 (Thu)
Screenshot_20240425-145341a.png

今日は、寄り添って日向ぼっこしてます☀
.

寄付金贈呈式&CSR研修


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

2024.04.21 (Sun)
110.jpg

 4月4日は、大津市(琵琶湖畔)へ行ってきました。観光ではなく、いつもお世話になっているウィルさんの寄付金贈呈式です。ウィルさんは、当時の社長さんが、ドラマ「シンシア」を見て下さったことがきっかけで介助犬への支援を始めてくれました。

DSC_3020.jpg

 例年は、入社式の際に、寄付金贈呈とデモンストレーションを行っていたのですが、今年は、新入社員さんへのCSR研修の中で行うことになりました。
 新入社員の代表の方から、兵庫介助犬協会と毎日新聞社会事業団「シンシア基金」へ目録が贈呈されました。「シンシア基金」については、僕が代理で受け取りましたが・・・。
 介助犬の育成・普及は、多くを皆さんからの寄付に頼っているので、長年に渡って支援してくださるのはとても有り難いです。ウィルさんには感謝です。


104a.jpg

 担当の方から、CSRやウィルの介助犬支援の説明をした後、僕から介助犬や身体障害者補助犬法のほか、車いす生活のための家屋改造などについて説明しました。

ウィルCSR研修_240404_2

ウィルCSR研修_240404_8

 最後は、兵庫介助犬協会のスタッフによるデモンストレーションと介助動作体験です。新入社員さん達は、連日の研修で緊張し疲れているので、アイスブレイキングできるように、クイズを交えてデモンストレーションを行い、介助動作体験では、PR犬のアリシアとココスが新入社員さんの疲れを癒してくれました。

240404103814544a.jpg

S__65577016b.jpg

 研修担当の方からは「来年も是非!」と言っていただけましたし、新入社員の皆さんに介助犬やPR犬に接してもらったことで、より介助犬への理解が深まったと嬉しく思っています。
 これからもよろしくお願いします。


◇4月5日の毎日新聞・朝刊の記事です。

観劇してきました


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

2024.04.14 (Sun)
240413180822962a.jpg

 昨日(4/13)は、ピッコロシアターで舞台「パレードを待ちながら」を観劇してきました。
 シンシアの紙芝居「グッドガール シンシア」でお世話になっている吉江麻樹さんが出演されているんです。
 戦時中のカナダの女性達を描いた作品でしたが、戦時中の日本でも同じようなことが有ったと思います。ウクライナやパレスチナでの戦争など色々と考えさせられました。

 始まって間もなくは、エクラは役者さんが気になるようで注視していましたが、途中からコの字になって寝てしまい、空襲の音などの大音響でも熟睡していました。
 中ホールでの上演で、舞台まで1メートルくらいしかありませんでしたが、3回目の観劇なので慣れてきたみたいです。

ひなた日和


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

2024.04.12 (Fri)
240411134041658a.jpg

240411134126403a.jpg

箕面ユネスコ協会の講演会


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

2024.04.11 (Thu)
kayano02.jpg

 3月13日は、箕面市立萱野小学校の3年生に介助犬の話しをしてきました。2022年9月にも伺っているので1年半ぶりです。その時は、4年生のPCT活動(Parents、Children、Teachersの頭文字)としての講演会でしたが、今回は箕面ユネスコ協会様から生徒さんへのプレゼント講演会です。

kayano01.jpg

 講演時間が90分と、小学生にとって少し長めでしたが、ビデオや写真を多めに使ったこともあり、生徒の皆さんがとても熱心に聞いてくれて嬉しかったです。

kayano03.jpg

 後半では、エクラのデモンストレーションを見てもらうだけでなく、生徒さん2人にエクラの介助動作も体験してもらいました。
 「介助動作を体験したい人?」と聞くと、ほとんどの人が手を挙げてくれたので、2人に絞るのは大変かなと思ったのですが、「今日が誕生日の人?」と聞いただけで2人に絞れました。生徒さんの人数は100人だったので、ビックリしました。

kayano05.jpg

 新型コロナの影響で、介助動作体験をしばらくやっていなかったので、エクラにとっては初めてです。
 そのため、生徒さんがエクラに指示しても、聞こえないふりをしたり、生徒さんではなく、僕に渡すんじゃないかと心配していました。
 でも、予想に反して、生徒さんの指示にきちんと反応し、コインを拾ったり、新聞と電話を区別して持って来たり、音響装置の陰に隠したスマホも探して持って来てくれました。
 生徒さんも喜んでくれたので、良かったです。
 エクラの活躍で、生徒の皆さんが介助犬の役割や重要性を理解してくれたと思います。

(追伸) 
 箕面ユネスコ協会の会長さんには、23年前や一昨年の講演会でもお世話になっており、今も気にかけていただいておりとても有り難いです。
 | HOME |