fc2ブログ

★★★ 介助犬デイジーのブログ ★★★

  看板
 
介助犬シンシア、エルモからバトンを受け取ったデイジーの日常を紹介していきます。

指定期間 の記事一覧

毎日新聞「「同伴拒否は人権侵害」 関学大で木村さん講演」


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

2023.11.19 (Sun)

 11月16日の関西学院大学での講義の記事です。

 「介助犬の役割、育成、社会の受け入れ、身体障害者補助犬法」というテーマで話してきました。

 1999年から非常勤講師として話しているのですが、今年で25年目になります。

 授業は100分あるので、普段の講演では、時間の関係で触れられない詳しい内容も話せます。

 聴講してくれた学生さんが、社会に出て、補助犬を自然に受け入れるだけでなく、補助犬の受け入れを推進してくれると嬉しいです。

 詳しくは、ブログに書きます。

 

◇11月17日の毎日新聞・朝刊の記事です。

 

第25回身体障害者補助犬シンポジウム


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

2023.11.11 (Sat)
2023-補助犬シンポ-top

日 時: 2023年11月26日(日) 14時~16時
場 所: 宝塚市立中央図書館 2階・集会室
    (兵庫県宝塚市清荒神1丁目2−18)
主 催:宝塚市・宝塚市教育委員会・毎日新聞阪神支局)
最寄駅:阪急宝塚線・清荒神駅南口下車すぐ
備 考:入場無料。手話通訳・要約筆記あり。
お問合せ:宝塚市役所障碍福祉課(電話0797-77-9110)


 宝塚市での身体障害者補助犬シンポジウムは、1999年に第1回介助犬シンポジウムとして開催し、応援してくださる皆様と活動してくださる皆様のおかげで、今年で第25回を迎えます。
 2002年に身体障害者補助犬法が成立し、盲導犬、介助犬、聴導犬が、身体障害者補助犬として法的に認められました。法成立から20年以上が経ちましたが、今もシンポジウムは続けています。理由の一つは、補助犬の認知が進まず、補助犬同伴の受入れ拒否がなくなっていないからです。
 そのため、第21回からは、未来を担う子ども達に参加してもらえるようなプログラムを取り入れてきました。今回もたくさんの子どもたちに楽しく学んでもらえるプログラムを用意しています。

・紙芝居「グッドガール シンシア」
 一昨年は、新型コロナの影響で動画配信になりましたが、その時の子ども達に紙芝居を上演してもらいます。

・ビデオ「私たち僕たち介助犬みならい!!」
 大阪芸術大学短期大学部にご協力いただき、メディアコースの学生さんに、介助犬の訓練や訓練犬の生活を紹介する動画を作成していただきました。また、上映の際は、声優コースの学生さんが、訓練犬達の台詞をアフレコしてくれます。

・親子で介助犬トレーナーに挑戦
 昨年は、子ども達が介助犬トレーナーから訓練方法を教わりましたが、今年は親子で介助犬トレーナーを体験してもらいます。
 御来場をお待ちしています。

2023-補助犬シンポ-program


2023-補助犬シンポ-dogs

 | HOME |