FC2ブログ

★★★ 介助犬デイジー & 引退犬エルモのブログ ★★★

  看板
 
介助犬シンシア、エルモからバトンを受け取ったデイジーの日常を紹介していきます。もちろん、エルモの様子も紹介します。

紹介 の記事一覧

エフエム宝塚「まちづくりゆめづくり」の放送音声がアップされました


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2018.10.16 (Tue)
ラジオ収録

 9月に収録があり、10月7日に放送されたエフエム宝塚「まちづくりゆめづくり~市長と語りましょう~」の放送音声が「宝塚市広報課のウェブサイト」に登録されました。
 トークの時間は約15分ですが、「介助犬の仕事」や「補助犬の現状と課題」を始め、11月3日に開催される「第20回身体障害者補助犬シンポジウム」のことなども話しているので、良かったら聞いて下さい。
 多くの人が、「補助犬は短命」や「補助犬はストレスが大きい」「補助犬シールを貼ってあるお店だけに、補助犬を同伴できる」といった間違った理解をされているのですが、パーソナリティーさんもその一人でした。放送の中でも、正しい情報をお伝えしましたが、もっともっと正しい情報を広報しなければと実感しました。

 また、身体障害者補助犬シンポジウムにも、ぜひ来て下さい。

◆第20回身体障害者補助犬シンポジウム
 日 時: 2018年11月3日(土祝) 13時~16時
 場 所: ソリオホール
    (宝塚市栄町2丁目1番1号 ソリオ1・3階)
 プログラム
  13:00~ 開会 主催者挨拶
  13:15~ 補助犬デモンストレーション
  14:00~ 濱田祐太郎さんの漫談・トーク
    視覚障がいのある漫談家。R-1ぐらんぷり2018の優勝者。
  15:10~ 補助犬トーク
  15:55~ アピール文発表
  16:00 閉会

※シンポジウムの詳細は、ウェブサイトを見て下さい。

明日(10/1)から、補助犬しおりが発売されます。


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2018.09.30 (Sun)
しおり

 先日お伝えしたように、明日10月1日、ヒサゴ株式会社の雑貨ブランドUN TROIS CINQ(アントワサンク)から、補助犬として実際に活躍している犬をモデルにした「刺繍のしおり」が販売されます。
 本のページからのぞき見る犬が可愛らしいしおりです。
 全国の主要文具店、雑貨店、Web通販会社などで販売されますので、手に取ってみて下さい。
 ちなみに、イエローラブのモデルは、デイジーです。
 補助犬を知らなかった人も、「カワイイ」と手に取ることで、補助犬への理解を深めてくれると嬉しいです。

 売り上げの一部が、日本補助犬情報センターへ寄付され、補助犬の普及啓発に役立てられます。
 ぜひ購入して頂き、楽しみながら補助犬を応援してください。
 よろしくお願いします。

(補足)
 ウェブサイトには、取扱店が掲載されていないので、ヒサゴインフォメーションセンターに問い合わせて下さいとのことです。
 TEL : 052-936-1631(9:00~17:00/土・日・祝日を除く)
 FAX : 052-936-1396(24時間)

 僕が、ネット通販を調べた範囲ですが、楽天市場には、取り扱っているお店がありました。
 AMAZONには、まだ取り扱っているお店がありませんが、第一弾の「猫しおり」を取り扱っているお店があるので、いずれ「補助犬しおり」も取り扱われると思います。

◇2018年09月30日・毎日新聞「補助犬:老舗文具メーカーがしおり販売 法施行16年

◇ヒサゴ株式会社
 ・補助犬刺繍しおりの特設ページ
 ・ニュースリリース補助犬をモデルにした「刺繍しおり」第2弾 DOG BOOKMARKER 新発売

シンシアをモデルにした補助犬マリオネット(操り人形)


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2018.09.23 (Sun)
補助犬マリオネット

 補助犬の普及啓発のために、マリオネット作家 のオレンジパフェさんが、シンシアをモデルにした補助犬マリオネットを制作して下さいました。
 これから、色々なイベントで、補助犬の普及啓発に活躍してくれます。
 オレンジパフェさんに感謝です!

 左下のシンシアの写真を参考に作って下さいました。  シンシアはもう少しタレ目ですが、顔の特徴をとらえてくれています。全身になると、シンシアのパピーの頃に、より似ているような気がします。

 まだ、実物に対面できていません。9月30日(日)の「補助犬フレンドリー祭り in 恵比寿!!」で、初お披露目されるのですが、僕たちは参加しないので、しばらくのお預けになりそうです。
 早くデイジーと一緒に対面して、デイジーがどんな反応をするのか?が楽しみです。

(追伸)
 11月3日に、宝塚市で補助犬シンポジウムが開催されるので、それまでに日本補助犬情報センターのスタッフがマリオネットの操作を習得して、シンポジウムで披露してくれることになりました。
 補助犬マリオネットの西日本での初お披露目です。
 補助犬シンポジウムについては、もうすぐ詳細をお知らせする予定ですので、関心のある方は是非来て下さい。

補助犬をモデルにした「刺繍しおり」(ヒサゴ)


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2018.09.10 (Mon)
しおり

 10月1日に、ヒサゴから補助犬として実際に活躍している犬をモデルにした「刺繍のしおり」が販売されます。
  本のページからのぞき見る犬が可愛らしいしおりです。
 ちなみに、イエローラブのモデルは、デイジーです。

  商品の売り上げの一部が、日本補助犬センターへ寄付されますので、ぜひ購入して頂き、楽しみながら補助犬を応援してください。

 ヒサゴ・ニュースリリース:補助犬をモデルにした「刺繍しおり」

NHK 1.5chに「シンシア」が登場!


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2018.09.03 (Mon)
 NHK「もふもふモフモフ」で紹介されたシンシアの動画が、NHK 1.5ch に掲載されました。
 5分の「もふもふ劇場」でさえ、伝えられないことがたくさんあったのに、さらに1分40秒に凝縮されています。
 知っていただきたいことのほんの一部しか伝えられていませんが、数あるNHKの放送から、「シンシア」が選ばれて嬉しく思っています。
 是非、ご覧になって下さい。字幕付きです。

 NHK 1.5ch 「わんぱくな子犬が、人を助ける介助犬に

◇NHK 1.5chとは(ウェブサイトの抜粋)
 NHKで放送した番組のうち、いちばん見てほしい部分だけを、見やすいかたちでまとめ、集めた場所。それが、ここ1.5chです。

テレビ朝日・ドラマスペシャル「指定弁護士」


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2018.08.14 (Tue)
 ドラマ「シンシア」でお世話になった監督さんの次回作です。
 9月にテレビ朝日で放送されます。
 是非見て下さい。

ドラマスペシャル「指定弁護士」

犬像をたずね歩く:あんな犬、こんな犬32話


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2018.08.11 (Sat)
 「犬像をたずね歩く」という本が出版されます。
 人助けをした犬、伝説の犬など、全国各地に残っている犬像が紹介されていて、JR宝塚駅の「シンシア像」も紹介されています。

作者の青柳健二さんのブログ

本のプロモーションビデオ(Youtube)

補助犬シールをご存知ですか?


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2018.08.01 (Wed)
補助犬シール

 補助犬シールをご存知ですか?
 レストランやスーパー、百貨店などの入り口に貼付されているので、ご存知の方も多いと思います。
 全国で比較的広く利用されている補助犬シールは、写真の3種類だと思います。
 補助犬シールは、補助犬の普及啓発のために、施設等に貼付してもらっています。
 しかし「補助犬を同伴できるのは、補助犬シールの貼られているお店だけ」と誤解している人が多いんです。
 補助犬法では「国、地方公共団体、公共交通事業者、不特定多数の者が利用する施設の管理者は、身体障害者補助犬の同伴を拒んではならない」とされていて、補助犬シールの有無に関係なく、補助犬の同伴の受け入れが義務付けられているんです。
 誤解のないようにお願いします。

 ただ、この補助犬シールにも、残念なところがあるんです。
 厚生労働省が配布している左のシールは、【Welcome!ほじょ犬】となっています。
 中央のシールは、宝塚市が、補助犬法成立前に介助犬の受入を進めるために、デザインを全国公募して作ったシールです。当初は【介助犬同伴可】となっていましたが、補助犬法が成立した際に【補助犬】だけにし、補助犬法の説明を追加しました。次の増刷から、【ようこそ!補助犬】に変更しました。
 しかし、全国盲導犬施設連合会が配布している右のシールは「補助犬同伴可」となっています。補助犬法成立前に「盲導犬同伴可」になっていた文言が、補助犬法成立の際に、「補助犬同伴可」に変更されました。

 全国の盲導犬訓練事業者9団体も出席した補助犬関連の委員会で、「【補助犬同伴可】では、『補助犬を同伴できるのは、補助犬シールの貼られているお店だけ』という誤解を与えてしまうので、文言を変更して欲しい」とお願いしたことがあるのですが、まだ変わっていません。
 補助犬関係者みずからが誤解を与えるシールを配布しているのは残念なので、早く変更して欲しいと思っています。

※個人的には、宝塚市の「補助犬シール」が好きです。シンシアがモデルになっていますし、赤いハートが描かれていて、優しい気持ちが伝わってくる気がします。
 シンシアの「補助犬シール」は、日本補助犬情報センターのウェブサイトから請求できますので、是非活用して下さい。
 http://www.jsdrc.jp/goods/

【補助犬同伴可】っておかしくないですか?


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2018.08.01 (Wed)
 ある人から「補助犬の同伴拒否などがなくなるように、施設に対して【車いす可】や【補助犬同伴可】などの調査を行おうと思っているんです」と言われました。
 その人は、「車いす使用者や補助犬使用者が、施設を利用しやすくなるように!」と思っての発言だとは思うのですが、障害者差別解消法や身体障害者補助犬法により、車いす使用者や補助犬の受入を拒否することは禁止されているので、【可】か【不可】かを調査するのはおかしな話です。
 その人へは、「調査するなら、【段差の有無】【段数】【段差の高さ】【身体障害者補助犬法を理解していますか?】などの調査をして下さい」とお願いしました。

ボローニャ国際絵本原画展!


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2018.07.26 (Thu)
 8月11日(土)から、「ボローニャ国際絵本原画展」が西宮市大谷記念美術館で開催されます。
 40年前に大谷美術館でのボローニャ展が始まったそうです。
 今年も、初日にデイジーと一緒に伺う予定です。
 子どもも大人も楽しめる絵本原画展なので、皆さんも是非!

 大谷美術館では、補助犬法が成立する前から、介助犬同伴での入場を受け入れてくれていて、シンシアの頃から伺っており、ボローニャ展での訪問は今年がちょうど20回目になります。

◇2018年07月24日・毎日新聞・大阪本紙・朝刊
 岐路の風景:絵本原画展の風 子供向けからアートへ 「ボローニャ展」移入

NHK「もふもふモフモフ」の再放送!


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2018.07.25 (Wed)
シンポジウム

 明後日(7/27)、「シンシア」が紹介された「もふもふモフモフ」が再放送されます。
 お昼の放送なので、録画予約しないと見られない人も多いと思いますが、初回放送を見逃した人は是非見て下さい!
 シンシアは、最後のコーナー「もふもふ劇場(約5分)」で紹介されます。

◇NHK総合「もふもふモフモフ
 放送日時:7月27日(金)14時30分~14時50分

エルモも、15歳6ヶ月を超えました。


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2018.07.19 (Thu)
まだまだ、元気!

 エルモも、15歳6ヶ月を超えました。介助犬を引退して、4年3ヶ月になります。
 口の周りの白毛が見えないように見下ろして撮影すれば、若そうに見えます(僕のひいき目かもしれませんが)。でも、合同訓練初日の2歳の頃と比べると、やっぱり老いが隠せません。
 先日の兵庫補助犬研究会でも発表しましたが、介助犬の平均寿命は12.7歳で、最高齢は17.2歳でした。
 エルモも、年相応に療法食やサプリを食べていますが、散歩で駆け足するくらい元気なので、最高齢を超えるくらい、これからも元気に過ごして欲しいです。

(補足)
 ほとんどがラブラドールレトリバーである介助犬の平均寿命12.7歳は、純血種の飼い犬の平均寿命12.8歳※と同程度です。
 「補助犬は、飼い犬に比べて短命」だと誤解している人がいますが、間違いです。誤解を改めてもらいたいです。

※東京農工大学大学院・飼い犬の平均寿命調査
  2002年調査 11.9歳
  2014年調査 13.2歳:純血種12.8歳、雑種14.2歳

シンシアが紹介された「もふもふ劇場」が再放送されます。


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2018.07.06 (Fri)
 「介助犬シンシア」が紹介された「もふもふモフモフ(6月7日放送分)」が、7月27日(金)14時30分~14時50分に再放送されます。
 シンシアは、最後のコーナー「もふもふ劇場(約5分)」で紹介されます。
 初回放送を見逃された方は、是非ご覧になって下さい。

◇NHK総合「もふもふモフモフ
 放送日時:7月27日(金)14時30分~14時50分



取材

 「シンシア」が、NHK総合「もふもふモフモフ」で紹介されます。
 「もふもふモフモフ」は、かわいい動物たちの姿を、ネット動画などにより紹介する番組で、色々なコーナーがあります。シンシアは「もふもふと人との胸キュンな感動物語」のコーナーで取り上げられます。
 すでに、取材時の様子を掲載していますが、シンシアの仔犬の頃、介助犬の訓練、介助犬としての活躍などが、インタビューや過去の写真・動画・テレビ放送などによって紹介されます。
 是非、ご覧になって下さい♪

◇NHK総合「もふもふモフモフ」
 放送日時:6月7日(木)22時25分~22時45分
 再放送日時:6月13日(水)23時55分~24時15分
 ※シンシアは、最後のコーナー「もふもふ劇場」(約5分)で紹介される予定です。

ドラマ「シンシア~介助犬誕生ものがたり」


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2018.06.25 (Mon)
 2003年に毎日放送で初回放送された後、全国約30道府県やBS放送でも放送され、アジアテレビ賞・最優秀賞(単発ドラマ部門)も受賞したのですが、DVD化されませんでした。
 そのため、視聴料が必要ですが、オンデマンドでドラマを視聴していただき、少しでも介助犬への理解を深めていただけると嬉しいです。「MBS動画イズム」や「Paravi」などで視聴できます。
 配信に関する原作使用料は、介助犬の研究・育成の為に設けられた「(公財)毎日新聞大阪社会事業団・シンシア基金」に全額寄付されます。

 ドラマは、「介助犬シンシア」(毎日新聞社)を原作にしていますが、あくまでもフィクションで、僕がかなり我がままに描かれています。本当の僕は、もう少し素直ですので、誤解なきように(笑い)
 ドラマの概要は、Wikipedia(僕が作成しました)を見て下さい。

MBS動画イズム
Paravi(パラビ)

新幹線の多目的室!


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2018.06.23 (Sat)
シンポジウム

 先日の「ほじょ犬の日」啓発シンポジウムは、新幹線で行ってきました。
 今回は気候が良いので多目的室(身障者用個室)を利用できました。でも、1月と3月に横浜へ行った際には、一般客室(11号車)の車椅子席を利用しました。
 多目的室の方がゆったりとできるので、いつも多目的室を利用したいのですが、冷暖房が入らず送風だけなんです。体温調整ができない僕は、暑い/寒い時期には、多目的室では耐えられず、車椅子席を利用しています。
 ところで、多目的室は身障者優先ですが、ドアには「ご利用がない場合には、授乳や、お客さまの体調が思わしくないときにもご利用できます。」と書いてあります。でも、冷暖房がなければ、授乳のお母さんや体調不良の方も、暑い/寒い時期には利用できないと思います。
 今回の乗車中にも、ドアをノックする音がするので、「車掌さんかな?」と思ってドアを開けたら、赤ちゃんを抱いたお母さんが立っていました。「授乳したい」とのことだったので、部屋を出て、しばらくの間デッキで待っていました。
 何度か「多目的室の冷暖房のこと」を、JR東海の営業本部の方にお話ししたことがあるのですが、費用がかかるためか改善されませんでした。
 直ぐ横の客室には冷暖房が入っているので、改善して欲しいものです。
 デイジーも、多目的室の方がくつろげるのですが・・・・。

『多目的室(身障者用個室)について』
 16両編成の列車なら、11号車にあります。そのため、新幹線の多くの駅は、11号車付近のホームにエレベーターが設置されています。駅の構造により他の場所にある駅もあります(東京駅は7号車付近)。

『車椅子席について』
 新幹線の座席の配置は、「2座席+3座席」になっていますが、11号車の12番は「2座席+2座席」になっていて、A・B列については肘掛が可動式になっているんです。肘掛が可動するお陰で、車いすから座席へ乗り移ることが出来ます。また、1席分のスペースがあるため、車椅子に乗ったままでいることも可能です。

※多目的室や車椅子席は、新幹線の乗車券・特急券チケットを購入する際に、身障者手帳を提示の上で指定します。ただし、1列車にそれぞれ1室・1席しかないので、希望の列車にならないことも良くあります。乗車券は身障者割引で半額になりますが、特急券は通常料金です。

【再告知】 NHK「もふもふモフモフ」で、シンシアが紹介されます。


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2018.06.06 (Wed)
もふもふモフモフ

 再度の投稿になりますが、明日夜のNHK総合「もふもふモフモフ」でシンシアが紹介されます。
 ご覧になって下さい。

◇NHK総合「もふもふモフモフ
 放送日時:6月7日(木)22時25分~22時45分
 再放送日時:6月13日(水)23時55分~24時15分

 ただ残念なことに、エルモの様子やデイジーの介助作業も撮影したのですが、感動物語のコーナーは5分しかなく、エルモとデイジーの映像は放送されなくなりました。
 今後も番組は続くので、担当ディレクターさんは「介助犬のことは取り上げたい」と考えて下さっており、「今回入れ込めなかったエルモとデイジーの映像も、なんとか世に出せるようにしたい」と思ってくれているそうです。
 確定では無いのですが、今後の「もふもふモフモフ」で、介助犬のことや今回のエルモ・デイジーの映像が紹介されることを期待しているところです。

NHK「もふもふモフモフ」で、シンシアが紹介されます。


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2018.05.31 (Thu)
もふもふモフモフ

 シンシアが、来週(6/7)のNHK総合「もふもふモフモフ」に登場します。
 感動物語のコーナーで紹介されます。
 是非、ご覧になって下さい。

◇NHK総合「もふもふモフモフ
 放送日時:6月7日(木)22時25分~22時45分
 再放送日時:6月13日(水)23時55分~24時15分

 「もふもふモフモフ」は、かわいい動物たちの姿を、ネット動画などにより紹介する番組です。
 「もふもふと人との胸キュンな感動物語」という約5分のコーナーですが、シンシアの仔犬の頃、介助犬の訓練、介助犬としての活躍などが、インタビューや過去の写真・動画・テレビ放送などによって紹介されます。
 エルモの様子やデイジーの介助作業なども紹介されます。

サンテレビ「ワギングテイル」で紹介されます。


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2018.05.25 (Fri)
取材

 5月27日(日)のサンテレビ「ワギングテイル」で、シンシアが紹介されます。
 放送対象エリアは兵庫県ですが、大阪府の一部など視聴できる方は是非ご覧になって下さい。

◇放送日時
 サンテレビ「ワギングテイル」
 5月27日(日) 午前10時15時~10時30分

 シンシアの仔犬の頃、介助犬の訓練、介助犬としての活躍などが、インタビューや過去の写真・動画・テレビ放送などによって紹介されます。
 また、エルモの様子やデイジーの介助作業、JR宝塚駅のシンシア像も紹介されます。

NHK「もふもふモフモフ」で、シンシアが紹介されます。


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2018.05.24 (Thu)
取材

 シンシアが、NHK総合「もふもふモフモフ」で紹介されます。
 是非、ご覧になって下さい。

◇NHK総合「もふもふモフモフ」
 放送日時:6月7日(木)22時25分~22時45分
 再放送日時:6月13日(水)23時55分~24時15分
 ※シンシアは、最後のコーナーで紹介される予定です。
 http://www4.nhk.or.jp/mofumofu/

 「もふもふモフモフ」は、かわいい動物たちの姿を、ネット動画などにより紹介する番組で、色々なコーナーがあります。
 シンシアは「もふもふと人との胸キュンな感動物語」のコーナーで取り上げられます。約5分のコーナーですが、シンシアの仔犬の頃、介助犬の訓練、介助犬としての活躍などが、インタビューや過去の写真・動画・テレビ放送などによって紹介されます。
 また、エルモの様子やデイジーの介助作業なども紹介されます。
 

サンテレビ「ワギングテイル」の放送!


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2018.04.29 (Sun)
テレビ放送

 先日お伝えしたように、今朝のサンテレビ「ワギングテイル」で、先週取材を受けた兵庫介助犬協会のことが紹介されました。僕とデイジーも少しだけ出ました。
 介助犬に関する正しい情報をきちんと伝えてくださり、テロップも的確でとても良かったです。
 知り合いからも「詳しく取り上げられていて、見いっていました」などのメッセージが届きました。
 介助犬の正しい普及啓発に繋がると喜んでいます。

 ただ、対象エリアが兵庫県だけで、全国放送ではないのが残念です。
 | HOME |  Next »