fc2ブログ

★★★ 介助犬デイジーのブログ ★★★

  看板
 
介助犬シンシア、エルモからバトンを受け取ったデイジーの日常を紹介していきます。

新聞記事 の記事一覧

福祉新聞「身体障害者補助犬を学校教育に 使用者が首相に要望」


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

2022.12.13 (Tue)
誕生日

 先日、岸田総理を表敬訪問し、「さらなる補助犬の普及啓発」や「補助犬同伴の受入拒否の解消」などをお願いし、学校教育での補助犬学習の重要性などをお話ししてきました。
 そのことが、福祉新聞に掲載されています。
 ご覧になって下さい。

◆2022年12月12日・福祉新聞
 「身体障害者補助犬を学校教育に」 使用者が首相に要望

毎日新聞「補助犬法20年 木村さん、補助犬法語る 関学大」


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

2022.11.19 (Sat)
 11月3日の関学大での講義の記事です。
 新型コロナなどの影響で、中止や配信講義になっていたので、4年ぶりの対面講義です。

◆2022年11月19日・毎日新聞・朝刊
 身体障害者補助(盲導・介助・聴導)犬法20年 木村さん、補助犬法語る 関学大 /兵庫

毎日新聞「「介助犬、大人になっても受け入れて」26年伝え続ける"当たり前"」


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

2022.10.08 (Sat)
 補助犬法が成立して20年になりますが、未だに補助犬法の認知度は低いままで、補助犬同伴の受け入れ拒否も無くなりません。
 補助犬法の成立を目指して活動していた時は、補助犬法が成立すれば時間の経過ともに認知され受け入れ拒否も無くなると思っていました。しかし、実際は「補助犬法の名前も内容も知らないという人」が増加していて、2018年調査では70%でした。
 そんな時、JRやレストラン、取材などにおいて、子どもの頃に僕の講演を聞いていた人が、補助犬をきちんと理解してくれていて、優しく受け入れてくれた経験から、学校教育での補助犬について学ぶことの重要性を実感しています。
 是非、記事を読んでください。

◆2022年10月8日・毎日新聞・ネット版
 介助犬、大人になっても受け入れて」26年伝え続ける"当たり前"

毎日新聞「補助犬の役割知ろう 木村さんが講演 箕面・萱野小」


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

2022.10.07 (Fri)
 時間が空いてしまいましたが、萱野小学校での講演会「介助犬を知っていますか?」のことが、今日(10/7)の毎日新聞・朝刊に掲載されました。
 ブログ「21年ぶりの講演会」にも書きましたが、記事もご覧になって下さい。

◆2022年10月7日・毎日新聞。朝刊・大阪版
 補助犬の役割知ろう 木村さんが講演 箕面・萱野小 /大阪

デイジーの後継犬候補!


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

2022.02.08 (Tue)
 デイジーは3月14日で10歳になります。
 健康診断でも問題なく元気にしていますが、兵庫介助犬協会では11歳までに引退する決まりなので、次の介助犬の育成をお願いしています。
 そのため、2月5日に評価がありました。
 僕の障害やニーズの評価、候補犬がそれらのニーズに適しているかの評価、デイジーと候補犬との相性確認などが行われました。
 詳しいことは、後日報告しますが、評価の様子が毎日新聞で紹介されたので見て下さい。

◇2022年2月7日・毎日新聞・朝刊
 次期介助犬候補と顔合わせ 車椅子の男性と現介助犬が相性見極め

毎日新聞「補助犬紙芝居、小学生が上演 兵庫・宝塚」


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

2022.01.11 (Tue)
 今日(1/11)の毎日新聞・朝刊に、補助犬シンポジウムの特集記事が掲載されました。兵庫県だけでなく、大阪本社管内の「関西・北陸・四国・中国(山口除く)」の2府15県の地域面に掲載されています。
 「子ども達の紙芝居ワークショップ」や「宝塚市長と当方の対談」などが紹介されています。
 また、今朝の「おはよう朝日です」の「聞いてほしい!ホッとなニュース」のコーナーで、この記事が紹介されたそうです。僕は見ていないのですが・・・(残念)
 動画は、14日からyoutube「宝塚市広報課チャンネル」で配信予定です。
 URLが確定したら、また連絡しますので、ぜひ視聴して下さい。

◇2022年1月11日・毎日新聞・大阪本社・朝刊・地域版
 補助犬紙芝居、小学生が上演 兵庫・宝塚

 補助犬の多目的トイレの使用についての続報


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

2021.12.16 (Thu)
 以前お伝えした補助犬の多目的トイレ使用に関する続報です。(以前の投稿
 宝塚市では、公立施設の多目的トイレに「補助犬ステッカー」を貼ってくれたことをお伝えしましたが、今年6月のオンライン会議に参加していた地方議員さんの多くが、所属議会で「多目的トイレの件」を取り上げ、「補助犬ステッカー」の掲示が進んでいます。
 詳細は、毎日新聞の記事を見て下さい。

◇2021年12月16日・毎日新聞・朝刊
 補助犬も多機能トイレ使えます 各地でマーク掲示「使用に理解を」

ワシントンポストの取材


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

2021.09.05 (Sun)
 東京パラリンピックの開会式で、イスラエルの選手が盲導犬と一緒に入場行進したことが注目されましたが、その関連でワシントンポストの取材を受けました。
 英語の記事ですが、僕のコメントやシンシアの写真、デイジーの介助動作の動画も紹介されています。
 ご覧になって下さい。

◆2021/09/04 Wasington Post
 In Japan, disability advocates hope the Paralympics will showcase the pawsomeness of service dogs

毎日新聞「障害者の社会参加へ「補助犬」認定頭数増やそう オンラインで研究会」


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

2021.07.11 (Sun)
 昨日は、兵庫補助犬研究会でした。
 基調講演、演題発表、補助犬3種の紹介がありました。
 研究会の様子は、毎日新聞のネットページに、掲載されています。

 ところで、記事に寄せられた読者のコメントを見たら、補助犬は短命やかわいそうなどの誤った情報を基に、補助犬を否定するばかりでガッカリです。個人の思い込みだけでなく、データや事実に基づいてコメントして欲しいものです。
 昨日も発表しましたが、平均寿命は、盲導犬12.9歳(全国盲導犬施設連合会調査)、介助犬13.0歳(日本介助犬使用者の会調査)、純血種の飼い犬12.8歳(東京農工大調査)と、同じくらいです。盲導犬と介助犬は、ラブラドール犬やゴールデン犬が大半なので、純血種の飼い犬と比較しました。
 補助犬の寿命が飼い犬と同じくらいであることや喜んで仕事をしていること、健康管理がきちんとされていること、ストレスも飼い犬と同じくらいであることなどを伝えても、なかなか理解してもらえないのが残念です。
 個人的には、シンシアも、エルモも、デイジーも、健康管理に気をつけているし、ストレスも飼い犬と同じくらいだと思っています。
 シンシアが亡くなったのは平均の12歳3ヶ月でしたし、エルモは16歳8ヶ月と、飼い犬と比べても長寿でした。

毎日新聞「宝塚の不動産会社・ウィル、入社式&寄付金贈呈式」


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

2021.04.02 (Fri)
 昨日は、不動産会社のウィルさんの入社式での寄付金贈呈式に出席してきました。
 昨年は新型コロナの影響で贈呈式が中止になり振込になったので2年ぶりです。
 今年は、マスク着用、席の間隔を大きくとるなどの対策を取って実施されました。
 2003年に放送されたドラマ「シンシア」を、当時の社長さんが見て下さったことから、介助犬への支援を継続してくれています。
 2013年からは、入社式で寄付金贈呈式を行い、介助犬のデモンストレーションなどを通じて、新入社員の皆さんに啓発、社員の皆さんに再啓発して下さっています。本当に有り難いです。
 詳しくは、後日に紹介しますが、今朝の毎日新聞の記事をご覧になって下さい。

◇2021年4月2日 毎日新聞・朝刊
 「宝塚の不動産会社・ウィル、入社式&寄付金贈呈式

毎日新聞「補助犬をもっと知って! シンポジウム動画、配信へ」


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

2020.12.22 (Tue)
 今朝の毎日新聞に、補助犬シンポジウムの特集記事が掲載されています。
 先日収録した「宝塚市補助犬シンポジウム」の動画が、12月28日から配信されることになりました。
 約50分で、介助犬トークのほか、「PR犬ココスのデモンストレーション」や「デイジーの家での様子(介助やのんびり生活)」なども紹介されますので、ユーチューブの「宝塚市広報課チャンネル」にアクセスしてご覧になって下さい。

【ユーチューブの宝塚市広報課チャンネル】
 https://www.youtube.com/user/CityTakarazuka/featured

◆2020年12月22日・毎日新聞・朝刊
 「補助犬をもっと知って! シンポジウム動画、配信へ

毎日新聞「支局長からの手紙:ピンチをチャンスに」


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

2020.11.22 (Sun)
 すでにお知らせしていますが、今年の宝塚市・補助犬シンポジウムは無観客で開催し、撮影した映像を編集した上で、オンライン配信する予定です。12月末に配信される予定ですので、是非みて下さい。
 その関連記事です。

◆2020年11月22日・毎日新聞・朝刊
 「支局長からの手紙:ピンチをチャンスに /兵庫

毎日新聞「補助犬受け入れは義務 厚労省が自治体向けガイド」


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

2020.08.31 (Mon)
 僕とデイジーも委員として参加した「補助犬の普及・啓発のあり方に関する調査研究」の検討委員会で作製した自治体向けガイドブックに関する記事です。
 補助犬法では、「国と地方自治体は、補助犬について国民の理解を深めるよう努めなければならない」と定められているので、各自治体がこのガイドブックを参考にして積極的に補助犬の普及啓発に取り組んで欲しいです。
 記事を、ご覧になってください。

◇2020年8月31日 毎日新聞・朝刊
 「補助犬受け入れは義務」 厚労省が自治体向けガイド 効果的な周知方法を指南

読売新聞「「介助犬シンシア」紙芝居に」


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

2020.07.12 (Sun)
新聞記事

 先日、兵庫県立ピッコロ劇団が製作したシンシアの紙芝居「グッドガール シンシア」について、読売新聞大阪本社・生活教育部の取材を受けましたが、7月12日の読売新聞・朝刊に掲載されました。
 子ども達をはじめ多くの人に見てもらい、介助犬や障がいについて理解を深めてもらえると嬉しいです。
 紙芝居の動画は「ユーチューブ」で公開されています。
 ご覧になってください。

◆字幕無し◆日本語字幕版

神戸新聞「視覚障害者に生の舞台を ピッコロ劇団が音声ガイド公演」


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

2020.04.11 (Sat)
 ピッコロ劇団の音声ガイド公演に関する記事です。

 音声ガイドは、視覚障がい者の方に舞台の様子が分かるように、公演中に音声で進行を説明するサービスです。FMラジオで聞きます。公演前には、舞台装置の配置も、凹凸の付いた「触図」で説明してくれます。
 シンシアをモチーフにした舞台「夢をみせてよ」では、5公演のうち2公演が音声ガイド公演で、シンシアの紙芝居「グッドガール シンシア」を作成してくれた俳優の風太郎さんが担当されました。
 僕も音声ガイドの公演を鑑賞しました。普通の公演だと、人物と名前が一致するまで時間がかかったり、場面展開が分かり難かったのですが、風太郎さんの解説があるとよく分かりました。
 音声ガイドサービスだけで無く、障がい者が舞台をより楽しめるサービスを積極的に取り入れてくれるのは有り難いです。
 他の劇団や劇場でも、もっと取り入れて欲しいです。

◇2020年4月4日・神戸新聞・朝刊
 「視覚障害者に生の舞台を ピッコロ劇団が音声ガイド公演

朝日新聞「兵庫県立ピッコロ劇団 公立の意味、あり方模索し25年」


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

2020.02.25 (Tue)
 新型コロナウィルスの感染拡大で、舞台「夢をみせてよ」の公演に影響が出そうで心配しているところですが、ピッコロ劇団25周年に関する記事が、今日の朝日新聞に掲載されました。
 舞台「夢をみせてよ」や介助犬シンシアのことにも、少しだけ触れられています。

◇2020年2月25日・朝日新聞・朝刊
 兵庫県立ピッコロ劇団 公立の意味、あり方模索し25年

ウォールストリートジャーナルの記事


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

2020.01.24 (Fri)
 アメリカ運輸省が、エモーショナルサービスアニマル(ESA)の航空機への受入を停止し、受入は訓練を受けたサービスドッグだけに認める新方針を提案したそうです。今までは、サービス【ドッグ】だけでなく、ESAを含めたサービス【アニマル】が認められていました。

 補助犬使用者の問題ではなく、良心のない人が、障害がないのに、エモーショナルサービスアニマルと主張して、ペットを無償で航空機に搭乗させようとするとは悲しいです。

 日本では、身体障害者補助犬法によって、補助犬は、認定を受けている盲導犬・介助犬・聴導犬と限られており、これらの補助犬だけが、公共施設・交通機関・商業施設・病院などへの同伴が認められています。補助犬の表示や認定証の携帯が義務づけられていますし、補助犬以外に紛らわしい表示をすることが禁止されています。
 補助犬法の内容を検討していた頃(2000年)、アメリカでは、すでにこのことが問題になっていたため、日本で同じ問題が起きないように、認定制度が規定され、訓練基準や認定基準も作成されました。

 その後2011年に、ADA(障がいのあるアメリカ人法)で、「サービスアニマル」は「サービスドッグ」に限定され、ESAは除外されています。
 しかし、アメリカ航空法では改定されていなかったので、豚・蛇・孔雀などのサービスアニマルや偽サービスアニマル、ESAが問題になっています。

◆ウォールストリートジャーナル日本語版
https://jp.wsj.com/articles/SB12605701314039764276304586159354059536260

◆日経新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54730080T20C20A1000000/

◆時事通信
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020012300775&g=int

毎日新聞「紙芝居:グッドガール シンシア」


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

2019.08.16 (Fri)
新聞記事

 今朝(8/15)の 毎日新聞・朝刊に、紙芝居「グッドガール シンシア」の特集記事が掲載されました。半ページの大きな記事です。
 兵庫県だけでなく、大阪本社管内エリアで掲載されています。入手できる人は、是非ご覧になって下さい。
 紙芝居は、12月14日(土)に宝塚市で開催される「介助犬イベント」でも上演されます。

【掲載エリア】
 関西2府4県、中国(山口県除く)4県、四国4県、北陸3県、三重県の伊賀。

◇2019年8月15日・毎日新聞・大阪本紙・朝刊
 紙芝居:「グッドガール シンシア」 作・画、兵庫県立ピッコロ劇団の風太郎さん

読売新聞「補助犬法の認知度 年々低下」


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

2019.07.03 (Wed)
病院で

 6月30日の読売新聞に、日本補助犬情報センターで実施した「補助犬に関するアンケート結果」が紹介されました。
 僕のコメントも少し出ています。
 ご覧になってください。

 詳しい報告書は、下記ページからダウンロードできます。
 https://www.jsdrc.jp/jsdrc_doc_reports/2018-shurousha-hojoken-chosa/

幸せランチ♪


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

2019.06.01 (Sat)
読売新聞

 5月30日の読売新聞・大阪本社・夕刊の「幸せランチ」に、僕とデイジーのお気に入りの「フロイライン」さんが紹介されました。
 シンシアの頃から、快く迎えてくれ、エルモもデイジーもお世話になっています。料理は美味しいし、居心地も良いのでお気に入りです。昨年は、中学のミニ同窓会でもお世話になりました。
 今回はランチの紹介でしたが、ディナーの「フロイラインコース」も美味しいですよ。
 記事をきっかけに、「フロイライン」さんのお客さんが増えると同時に、「フロイライン」さんのように介助犬を快く受け入れてくれるお店が増えてくれると嬉しいです。

◆フロイラインさんのホームページ
 http://fraulein.sakura.ne.jp/index.html
 | HOME |  Next »