FC2ブログ

★★★ 介助犬デイジー & 引退犬エルモのブログ ★★★

  看板
 
介助犬シンシア、エルモからバトンを受け取ったデイジーの日常を紹介していきます。もちろん、エルモの様子も紹介します。

講演会/イベントなど の記事一覧

第10回兵庫補助犬研究会


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2018.07.15 (Sun)
シンポジウム

 昨日(7/14)は、第10回兵庫補助犬研究会で、一般演題発表をしてきました。
デイジーは、前半少し落ち着かず、拍手のたびに立ち上がっていましたが、後半は寝息を立てて熟睡していました。

 ここ数年、介助犬の実働頭数が増えていないため、認定頭数や引退頭数の推移や代替率、平均寿命などについて報告しました。詳しくは、下記プログラムを見ていただければと思いますが、ほとんどがラブラドールレトリバーである介助犬の平均寿命は、純血種のペット犬と同程度の12.7歳でした。

 「補助犬に関する動物福祉」の主題講演や「介助犬訓練に関するリハビリ専門職の関わり」「医療機関の補助犬受入状況」「介助犬使用者用フードポーチの工夫」の発表が有り、とても参考になりました。盲導犬と介助犬のデモンストレーションも行われました。

第10回兵庫補助犬研究会プログラム(PDFファイル、2.1MB)をご覧下さい。

第10回兵庫補助犬研究会


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2018.06.27 (Wed)
 神戸大学大学院の三浦靖史先生が準備して下さっている「兵庫補助犬研究会」が、7月14日に開催されます。
 当方も「介助犬の頭数調査 ~頭数推移、代替率、平均寿命~」という演題で発表することになりました。

 主題講演「補助犬の世界における動物福祉:現状と課題」や一般演題のほか、盲導犬と介助犬のデモンストレーションもありますので、関心のある方は、是非ご参加下さい。
 詳細は、兵庫補助犬研究会のウェブサイトを見てください。

◆第10回兵庫補助犬研究会
 【日時】2018年7月14日(土) 14:00~16:30 (受付13:30開始)
 【会場】神戸大学先端融合研究環統合研究拠点コンベンションホール
    神戸市中央区港島南町7丁目1-48

「ほじょ犬の日」啓発シンポジウム!


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2018.06.23 (Sat)
シンポジウム

 しばらく投稿していなかったので、間延びしてしまいましたが、5月22日に「ほじょ犬の日」啓発シンポジウムが開催されました。
 「身体障害者補助犬を推進する議員の会」主催のシンポジウムなのですが、衆議院では急遽本会議や委員会が開催されることになり、衆議院の先生方は参加できなくなりました。
 そのため、会長の尾辻秀久先生(参)を始め、参議院の先生方が出席して下さいました。司会進行は、いつも事務局長の阿部知子先生(衆)が努められるのですが、幹事の山口和之先生(参)が努めて下さいました。

 東京のニコルくんと千葉のラッキーくんも参加してくれ、兵庫介助犬協会出身の3頭が揃いました。ラッキーくんには3月に会いましたが、ニコルくんとは1年半ぶりです。ニコルくんは、デイジーと同胎の姉弟で、ラッキーくんは甥っ子です。

(シンポジウムの概要)
 東京2020オリ・パラに向け「海外の補助犬ユーザーの受け入れに関する課題」※が報告され議論されました。
 補助犬法では、施設に補助犬の受入を義務づけていますが、国内法のため海外の補助犬は対象外です。海外には補助犬の定義や基準などを定めた法律のある国は無く、海外の補助犬を受け入れるための課題を解消するために、海外へ補助犬法や検疫などの情報を発信することの重要性や期間限定認定証発行が提言され議論が行われました。

※報告された課題は、2017年度・厚生労働省障害者総合福祉推進事業「国内外の身体障害者補助犬使用者への対応に関する調査研究」においてまとめられたものです。
 報告書は下記ページからダウンロードできます。200ページを超えていますが、関心がある方は、是非ご覧になってください。

◆日本補助犬情報センター・報告書ページ
 http://www.jsdrc.jp/jsdrc_doc…/2017-kounaigai-hojoken-chosa/

ほじょ犬の日啓発シンポジウムに参加してきました。


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2018.05.26 (Sat)
上京中

 5月22日は、身体障害者補助犬を推進する議員の会主催の「ほじょ犬の日啓発シンポジウム」に参加してきました。
 今年になって3回目の首都圏なので、デイジーも慣れたもので、電車の中でもくつろいでいます。
 新大阪駅に着いて、新幹線の時間まで余裕があったので、駅構内のレストランへ行きました。
 でも、ウエイトレスさんはデイジーを見て、「少しお待ち下さい」と言ってバックヤードへ行ってしまいました。
 「ほじょ犬の日に、同伴拒否!」と心配したのですが、しばらくしたら戻ってきて「お待たせしました」と直ぐにテーブルへ案内してくれました。
 たぶん、店長さんに介助犬のことを確認に行き、すぐに「OK」との返事をもらったのだと思います。
 店長さんは、介助犬のことや補助犬法のことを理解して下さっていたのだと思うのですが、補助犬法成立から16年が経過しても、まだ多くの人に補助犬法が理解されていないことが残念です。
 まだまだ啓発活動が必要ですが、ウエイトレスさんもテーブルの下で静かに待っているデイジーを見て、少しは介助犬に関する理解を深めてくれたと思います。
 おかげで、美味しい朝食になりました。

デイジーは、大人気です♪


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2018.05.19 (Sat)
福祉講演会

 一昨日(5/17)は、小林聖心女子学院での福祉講演会でした。小林聖心女子学院は、宝塚市にある小・中・高一貫教育の女子校ですが、講演会の対象は、4月に高校生になったばかりの1年生118人で、オリエンテーションとして、障がい者や介助犬のことを勉強してもらいます。
 生徒の皆さんは、熱心に話しを聞いてくれるし、笑ってほしいところで、ちゃんと?笑ってくれるので、とても話しやすいです。そのため、余計?な話も沢山してしまい、少し時間をオーバーしてしまいました。
 デイジーは「僕の指示に従って、椅子の上に置いた電話や新聞などを持ってくる」「物陰に置いたスマホを探して持ってくる」「落としたコインを拾う」「車椅子の横を離れずに歩く」などのデモンストレーションをきちん披露してくれました。
 皆さんがとても感心してくれ、デイジーは「すごい!かわいい♪」と声を掛けられ大人気でした。
 まだまだ認知度の低い介助犬ですが、皆さんに正しく理解してもらえたと思います。

 小林聖心での講演は、今年で22回目になりますが、きっかけは、97年の宝塚市ボランティア講座です。当時の小林聖心の生徒さんが、僕とシンシアの「介助犬講座」に参加してくれ、「学校のみんなにも介助犬のことを知ってもらいたい」と学校での講演会を企画してくれた最初です。当時は、補助犬法もなく、介助犬はシンシアを含めて数頭しかおらず、介助犬は全くと言っていいほど認知されていなかった頃です。
 それからずっと学校の恒例講演会として依頼して下さっていて、とても有り難いです。

ウキウキ新入社員研修♪


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2018.04.24 (Tue)
新入社員研修

 すでに新聞記事を紹介していますが、4月19日は、第一生命の新入社員研修で、介助犬の講義をしてきました。2007年からずっと依頼して下さっていて、今年で12回目になります。
 普段の講演では、障害のことや介助犬(補助犬)のことを中心にお話しますが、第一生命での研修では、僕自身が怪我をして障害を負った時に、家の改造や生活のために、生命保険がとても役に立ったことなどもお話しています。
 デモンストレーションでは、デイジーが電話やリモコンを取ってきたり、コインを拾ったり、車いすに合せて歩くなどの様子を見て、皆さんに介助犬が楽しんで作業していることを分かってもらえたと思います。
 全国で実働している介助犬が75頭しかいないので仕方ないのですが、新入社員の皆さんは介助犬を初めて見る人ばかりでした。休憩時間に、新入社員の皆さんにデイジーと触れ合ってもらったので、介助犬を身近に感じてもらえたと思います。  エルモはお姉さんが大好きだったので、愛嬌を振りまきルンルンしていたのですが、デイジーはそうでもなく、あっさりした態度でしたが・・・。
 研修によって、障がい者や介助犬(補助犬)への理解を深めるだけでなく、彼女らの今後の仕事や社会生活に少しでも役立ってくれると嬉しいです。

(追伸)
 ドラマ「シンシア」の放送から15年になるのですが、昨年と同じく、今年も見ていた人が1人いました。7歳のときなので、「内容をあまり覚えていないだろう」と思っていたのですが、高校の時の授業でドラマをビデオで見たそうで、良く覚えてれていました。
 そのため、ドラマは「介助犬シンシア」(毎日新聞社)を原作にしているのですが、あくまでもフィクションで、僕がかなり我がままに描かれているので、そこのところを強調してきました(笑い)
 本当の僕は、もう少し素直ですので、もし下記で視聴して下さる場合も、誤解なきように(笑い)

 ドラマ「シンシア」は、MBS動画イズム444(月額444円・税抜)で視聴することが出来ます。
 会員登録は必要ですが、初回登録の場合のみ登録月が無料なので、ドラマ「シンシア」を見てから月末までに解約すれば課金されません。月初に登録すると、ほぼ1ヶ月間は、無料で登録されている番組を視聴できます。

◇MBS動画イズム444
 https://dougaizm444.mbs.jp/title/?program=program_201612071705&episode=1

入社式&寄付金贈呈式♪


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2018.04.05 (Thu)
入社式

 すでに新聞記事を紹介していますが、4月2日は、不動産関連会社のウィルさんの入社式に、デイジーと一緒に出席してきました。
 挨拶では、日頃のウィルさんの支援への御礼に加えて、新入社員の皆さんへ「JR宝塚駅のシンシア像は、『すべての人に優しいまちづくり』のシンボルとして設置されたこと」を説明し、「相手の気持ちを思いやることを忘れずに、これからの仕事に取り組んでください」というメッセージも伝えてきました。
 寄付金贈呈式では、今年も成立した契約に応じて一定の金額を積み立てた「契約募金」を、兵庫介助犬協会と毎日新聞大阪社会事業団「シンシア基金」へ寄付してくれました。《契約募金の詳細は、「ウィルさんのホームページ」を見て下さい。

 ウィルさんは1993年に創業され、シンシアの誕生日も1993年なので、同い年?です。シンシアが生きていれば、今年で25歳になりますが・・・。
 ウィルさんの創業10年の2003年に、ドラマ「シンシア」が放送されたのですが、当時の社長さんが「地域での社会貢献を!」と考えておられた時に、偶然ドラマを見て下さり、地元の宝塚市で介助犬の普及啓発に頑張っているシンシアを応援しようと考え、2003年からずっと介助犬への支援を続けて下さっています。
 2010年から前述の「契約募金」を始めて下さっているのですが、創業20年の2013年からは、介助犬の育成支援という社会貢献活動を新入社員の皆さんにも紹介するため、入社式の際に寄付金贈呈式と介助犬のデモンストレーションを行い、介助犬への理解を深めて下さっています。
 介助犬の育成・普及は、皆様からの募金や寄付に頼っているので、継続的に支援して下さるのはとても有り難いです。さらに、社員の皆さんへ介助犬を啓発する場を毎年設けて頂き感謝しています。
 介助犬への支援が、ますます広がることを願っています。

引退補助犬慰霊碑の除幕式!


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2018.03.12 (Mon)
補助犬慰霊碑

 毎日新聞にも掲載されましたが、3月10日は、日本サービスドッグ協会の「引退補助犬慰霊碑の除幕式・開眼法要」に、エルモ・デイジーと一緒に参列してきました。

※日本サービスドッグ協会は、補助犬(盲導犬,聴導犬,介助犬)たちの老後が、少しでも安らかで穏やかなものであるようにとの願いを込めて、介護支援をしている団体です。

 天気は良かったのですが、宝塚動物霊園・奈良分院は、山合にあり無茶苦茶寒かったです。除幕式には、ホッカイロを忍ばせスーツで立ち会いましたが、後はダウンとマフラーが手放せませんでした。
 エルモはセーター、デイジーはケープを着用していましたが、地面に毛布を敷いてあげたためか、寒がったりせず普通にうたた寝していました。

   式には、現役の補助犬7頭(盲導犬5頭と介助犬2頭)だけでなく、引退犬、CC犬、パピー犬なども参加したので、20頭近くのラブラドールレトリバーが集まったので、賑やかな、楽しい素敵なセレモニーになりました。
 亡くなった引退盲導犬サファイアくんをモデルにした犬像も可愛いかったです。
 宝塚動物霊園・本院には、シンシアが亡くなったときに、宝塚動物霊園さんが「補助犬慰霊碑」を建立してくださり、シンシアを始め、亡くなった引退犬やPR犬たちが埋葬されています。さらに、奈良分院にも慰霊碑ができ、補助犬たちの活躍をたたえ、感謝の気持ちを伝えることの出来る場が出来て良かったです。
 補助犬使用者や関係者だけでなく、愛犬のお参りに来た方々にも、慰霊碑を参拝頂き補助犬への理解を深めて頂けると嬉しいです。

介助犬の広報活動♪


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2018.03.09 (Fri)
イベント

 3月4日は、「アピア3再出発イベント」で、デイジーと一緒に介助犬の広報活動をしてきました。
 アピア3の改装工事のために建てられた大きな壁に、絵を描くイベントです。店舗会さんと不動産関連会社のウィルさんが企画されたのですが、ウィルさんが、介助犬の紹介コーナーを提案してくれました。ウィルさんは、長年に渡って、介助犬の育成普及を支援してくれ、兵庫介助犬協会やシンシア基金への寄付も継続してくれていて、とても有り難いです。

 絵を描く前に、デイジーのデモンストレーションを見てもらいました。
 盲導犬を知らない人はいませんでしたが、介助犬を知っている人は8割くらいでした。普段の講演会の3~4割に比べると、とても多くの子ども達が介助犬のことを知ってくれていました。宝塚市の小学校では、福祉の授業で盲導犬や介助犬のことを学習してくれているお陰です。
 デイジーが、◇床に置いた電話・新聞・リモコンを言葉の指示で持って来る◇タオルやボールをカゴに入れる◇落としたコインを拾うなどの作業を披露すると、子ども達はとても感心していました。デイジーが喜んで作業している様子も分かってもらえたと思います。

 介助犬コーナーでは、ビデオを放映したり、資料や写真パネル、ポスターを展示して、皆さんの質問に答えていたのですが、   「介助犬は何頭いるの?」
  「おじさんは、なんで車椅子に乗っているの?」
  「介助犬は知ってたけど、実物は初めて見た」
  「デイジーが賢いので、ビックリした」
などなど、たくさんの質問や感想を寄せてくれました。

 「巨大壁面にみんなで落書きしよう!!」では、笑富(えふ)文字作家のふっきーさんのパフォーマンスの後、小学生が壁に思い思いの絵を描いたのですが、数人がデイジーを描いてくれました。
 中には、デイジーだけでなく、介助犬を広報する可愛い絵(写真)を描いてくれた人もいました。
 壁が撤去される4月末まで、絵を見ることが出来ますので、近くに行く機会があれば、ぜひ立ち寄って下さい。

シンシア基金・チャリティーゴルフ大会♪


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2018.02.28 (Wed)
寄附金贈呈式

 昨日(2/27)は、恒例の「シンシア基金・チャリティーゴルフ大会」が行われました。宝塚市ゴルフ場協議会様が、社会貢献活動の一環として毎年開催して下さっており、今年で8回目になります。
 ホールアウト後の表彰式で、寄付金贈呈式が行われるので、デイジーと一緒に参加してきました。
 チャリティーゴルフ大会ということで、「ショートホールでワンオンしなかった場合、『チャリティー金』を寄付する」という特別ルールがあります。ただ、ワンオンしても、進んで寄付して下さる方も多いそうで、本当に有り難いです。
 『チャリティー金』に加えて、宝塚市ゴルフ場協議会様の寄付と参加してくださった方々の募金をあわせた20万円が、毎日新聞大阪社会事業団「シンシア基金」に寄託されました。

 贈呈式には、中川智子・宝塚市長も出席して下さり、衆議院議員時代の補助犬法成立に関する苦労や宝塚での取り組みなどを紹介してくださいました。
 僕は介助犬の役割や現状をお話した後、兵庫介助犬協会のトレーナーさんにサポートしてもらって、デイジーのデモンストレーションを見てもらいました。 デイジーがコインを拾ったり、電話や新聞を取ってくる介助作業を見て、皆さんが感心してくれていたので、介助犬や補助犬への理解を深めていただけたと思います。
 まだまだ、介助犬のことを知らない人も多いので、介助犬を応援する輪がさらに広まってくれることを期待しています。

寄付金贈呈式!


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2018.02.20 (Tue)
寄付金贈呈式

 今日は、デイジーと一緒に宝塚ホテルへ行ってきました。
 国際ソロプチミスト宝塚(SI宝塚)さまが、介助犬の育成・普及のために、デイジーを育成してくれた兵庫介助犬協会へ寄付してくださるので、寄付金贈呈式に同席するためです。
 兵庫介助犬協会への寄付金贈呈とともに、デイジーのご飯代も贈呈して下さいました。
 シンシアやエルモの時もそうでしたが、介助犬として活躍しているデイジーのために、会員の皆さんが例会の際に募金を募り毎月積み立てて下さっているんです。頂いた募金は、デイジーのご飯代のほか、デイジーの健康管理や介助犬の普及活動にも活用させて頂いています。
 贈呈や挨拶の後、デイジーが、落としたペンを拾って渡すなどの様子も見てもらいました。

 ところで、皆さんは「国際ソロプチミスト」をご存知ですか?
 国際ソロプチミストは、女性の世界的社会奉仕団体で、国際理解、親善、平和を促進するために、女性の地位向上、人権、平等、平和等を求める活動に取り組んでおられます。
 SI宝塚さまでは、その活動の1つとして、シンシアの頃(1998年)から、介助犬への支援をずっと続けてくださっています。介助犬の育成・普及は、皆様からの募金や寄付によって成り立っているので、とても有り難いです。

関西学院大学での講義!


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2017.12.14 (Thu)
関西学院大学
関西学院大学

 先週の7日と今日の2回に渡って、関西学院大学で介助犬や身体障害者補助犬法などの講義をしてきました。人権教育科目「障害と人権B」という授業です。
 「盲導犬は知っているけど、介助犬や補助犬法は初めて聞いた」という学生が少なくありません。
 でも、講義やデイジーのデモンストレーションを通じて、介助犬について理解してくれたようで、講義後のコメント票には、「介助犬の重要さがよく分かった」「広く普及出来るように、みんなに伝えていきたい」「募金や育成のボランティアに協力したい」など、好意的な意見が多く嬉しかったです。
 彼ら彼女らが社会人になったとき、企業や団体などにおいて、障がい者や補助犬を自然に受け入れる基盤を築いてくれればと思います。

◇2017年12月08日・毎日新聞・朝刊
 「デイジーが介助実演 木村さんが関学大で講義
 

ちびっこボランティア講座


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2017.12.02 (Sat)
ちびっこボランティア講座
ちびっこボランティア講座

 今日は、兵庫県猪名川町の「ちびっこボランティア講座」でした。
 町内の小学生が対象で、当初の定員は20人だったのですが、広報して1日目で満員になったそうです。会場の広さの関係で人数をあまり増やせなかったのですが、椅子を使わず床に座ってもらうことで、子供達が30人と保護者の方が十数人参加してくれました。
 介助犬の仕事や訓練のことだけでなく、怪我のことや障害のある人が困っていること、身体障害者補助犬法のことなども熱心に聞いてくれました。
 でも、デイジーのデモンストレーションやデイジーとのふれあいが、一番楽しそうでした。
 猪名川町には、デイジーを訓練してくれた兵庫介助犬協会がお願いしているパピーホームさんが住んでおられ、パピーのナルくん※と一緒に参加してくれました。講演の中で、パピーホームの普段の様子なども、皆さんにお話ししてもらいました。
 まだ、ナルくんは4ヶ月齢だそうですが、2時間の講演の間、ずっと大人しくしていました。
 ナルくんもみんなの人気になっていました。

※「ナル」はハワイ語で波を意味するそうで、「ナルが、人との出会いや幸せなど、色々なことを運んできて欲しい」という思いで名付けたそうです。

府民セミナー!


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2017.11.24 (Fri)
府民セミナー
府民セミナー

 昨日は、大阪府教職員互助組合主催の府民セミナーでした。  ほとんどの方が、介助犬の名前を知ってくれていましたが、盲導犬の違いやどういう介助をするのかまで理解しておられる方は2~3割でした。
 講演やデイジーのデモンストレーションで、介助犬の仕事や役割、介助犬が楽しんで作業していることなどを、皆さんに理解してもらえたと思います。

 デイジーは、指示した物を持ってきたり、拾ったり、車いすの動きに合わせて歩行したり、狭い通路を後ろ向きに歩いたり、介助犬の仕事をきちんとデモンストレーションしてくれました。「テイク新聞!」の指示に、リモコンを持ってくる間違いが1回だけありましたが、2度目はきちんと新聞を持ってきてくれました。

 子供達も来てくれていたので、講演が終わった後、特別に「デイジーとふれあう時間」を設けて、子供達の質問に答えてきました。彼ら彼女らが、大人になっても今回のセミナーのことを気にかけて、障害者や補助犬だけでなく、すべての人に優しく接せられるようになってくれると嬉しいです。
 
 主催団体の関係から、先生方の参加が多く、シンシアが英語の教科書に取り上げられていた頃に、教科の枠を超えて、ドラマ「シンシア」を教材として使うなどして、熱心に介助犬の授業をしてくれていた先生ともお話が出来て嬉しかったです。  補助犬の普及には、時間はかかりますが、子供の頃に補助犬についてきちんと学んでもらう必要があると思っていますが、「生徒たちに介助犬の事を伝えなければという使命や想いを、再度抱くきっかけとなりました」とおっしゃってくださる先生もおられ励まされました。

大阪保健医療大学での講義!


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2017.11.09 (Thu)
講義&デモンストレーション
講義&デモンストレーション

 昨日は、大阪保健医療大学の作業療法学専攻の2年生に、「介助犬」について講義してきました。
 「動物と作業療法(シラバス)」という授業で、「介助犬を知っていますか?~介助犬使用者として、リハビリテーション関係者に望むこと~」というテーマで話をしてきました。
 一般向けの講演と異なり、障害の内容や家の改造、介助犬によるQOL向上などに時間を取り、作業療法士として、障害者の自立と社会参加、介助犬の育成において関わって欲しいことなども話してきました。
 将来、彼ら彼女らが作業療法士として活躍するようになったとき、入院中の障害者に正しい介助犬に関する情報を提供してくれたり、介助犬の育成や合同訓練に協力してくれるようになると嬉しいです。

兵庫介助犬協会の納骨式


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2017.10.21 (Sat)
納骨式
納骨式

 今日は、宝塚動物霊園で、兵庫介助犬協会の元介助犬や元PR犬などの納骨式が行われました。
 元介助犬の北斗を始め4頭の活躍をたたえるためです。
 あいにくの雨で、少し寒かったのですが、厳かな納骨式が無事に執り行われました。
 シンシアは、4頭と面識はありませんでしたが、天国で楽しく語り合っている?と思います。

 エルモのブログにも書いてありますが、シンシアが亡くなった際に、宝塚動物霊園さんが「シンシアの功績をたたえて、また後生の補助犬がこの世を去る時に、天国への導きができるように」と、補助犬慰霊碑を園内に建立してくださいました。

◆エルモのブログ「シンシア姉さんの納骨式!」
 http://elmoblog.blog74.fc2.com/blog-entry-110.html

民生委員児童委員協議会での講演


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2017.09.16 (Sat)
講演会
講演会

 昨日(9/15)は、川西市・東谷地区民生委員児童委員協議会の「障がい援護福祉部会研修」で、補助犬法や介助犬の話をしてきました。
 体の不自由な方と接する機会の多い民生委員の方々でも、介助犬の名前は知っていても、介助犬の仕事や補助犬法の内容まで理解しておられる方はまだまだ少ないです。
 障害のことや普段の生活、社会参加の大変さに加えて、介助犬の育成や役割、社会の受け入れ状況などを、デモンストレーションや動画を交えて説明してきました。
 熱心に講演を聞いてくださったので、介助犬や補助犬法について正しく理解していただけたと思います。
 また、笑って欲しいところで笑ってくれるので、とても話しやすかったですし、デイジーのデモンストレーションにも関心を持ってもらえて良かったです。

兵庫補助犬研究会


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2017.07.09 (Sun)
補助犬研究会
補助犬研究会

 昨日(7/8)は、兵庫補助犬研究会でした。
 僕は挨拶だけでしたが、介助犬の現状や課題などを話してきました。
 デイジーは、発表の間は退屈そうにうたた寝していましたが、盲導犬や介助犬のデモンストレーションでは、気になるようで注視してました。

 演題発表では、補助犬の育成体制や意識調査、普及活動に関する発表のほか、補助犬使用者の就労に関する発表があり、今後の普及啓発役立てればと思います。
 基調講演は、補助犬ではありませんが、聖マリアンナ医科大学病院で取り組んでいる動物介在療法の報告でした。

 詳しくは、研究会のウェブサイトを見てください。

募金活動!


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2017.05.31 (Wed)
募金活動
募金活動

 日曜日(5/28)は、兵庫介助犬協会の募金活動に参加してきました。
 天気が良くて暑くならないか心配していましたが、活動場所はずっと日陰になっていて、風が吹くと少し肌寒いくらいで、僕にもデイジーにも快適でした。デイジーのために用意してくれたクールタオルも必要なかったくらいです。
 他の介助犬や使用者さん、ボランティアさん、PR犬たちと一緒に、募金を呼びかけてきました。
 多くの方が募金に協力してくれましたし、足を止めて介助犬について質問してくれる方もおられ有り難いです。また、観光で来日していると思われる外国の方も募金に協力してくれました。
 介助犬の育成・普及は、ほとんどが皆さんからの寄付によって成り立っていますので、今後ともご協力をよろしくお願いします。

※活動場所が、神戸・元町商店街にあるユニクロの真ん前だったので、夏用のシャツを買って帰りました。
 店員さんが、デイジーにもとても優しく接してくれたので嬉しかったです。

身体障害者補助犬を推進する議員の会主催のシンポジウム


にほんブログ村 犬ブログ 補助犬・セラピー犬へ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。
2017.05.23 (Tue)
 昨日(5/22)は、「身体障害者補助犬を推進する議員の会」(補助犬議連)主催のシンポジウムが開催されました。
 補助犬法の成立した日にちなんで、5月22日を「ほじょ犬の日」として、補助犬議連では、普及啓発のため、この日の前後に、シンポジウムを開催してくれています。
 基調講演「障害者理解の最前線~障害の社会モデルを知る~」の後、補助犬使用者によるパネルディスカッションが行われました。
 当方は都合が悪く参加できませんでしたので、詳しくは毎日新聞の記事を見てください。

◆2017年05月23日・毎日新聞・朝刊・阪神版
 ほじょ犬の日:障害者の声広げる努力を 法成立15年振り返る 東京でシンポ
 | HOME |  Next »