FC2ブログ

★★★ 介助犬デイジー & 引退犬エルモのブログ ★★★

  看板
 
介助犬シンシア、エルモからバトンを受け取ったデイジーの日常を紹介していきます。もちろん、エルモの様子も紹介します。

毎日新聞「介助犬シンシア紙芝居上演へ 東京五輪備え 身障者補助犬法成立17年」


にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

2019.05.21 (Tue)
 先日、シンシアの紙芝居のことを投稿しましたが、今日の毎日新聞・夕刊でも紹介されました。
 記事を、ご覧になってください。

◇2019年05月21日 毎日新聞・大阪本紙・夕刊
 介助犬シンシア紙芝居上演へ 東京五輪備え 身障者補助犬法成立17年

毎日新聞「介助犬役割を説明 木村さん、高校生に講演」


にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

2019.05.17 (Fri)
 昨日は、小林聖心女子学院の高校1年生に介助犬の話をしてきました。
 小林聖心では、97年から講演を依頼して下さっていて、高校や小学校での講演は、今回が23回目です。
 デイジーもデモンストレーションを頑張ってくれました。
 記事を、ご覧になってください。
 詳しくは、追って投稿します。

◇2019年05月17日 毎日新聞・朝刊・阪神版
 身体障害者補助犬法17年 介助犬役割を説明 木村さん、高校生に講演 /兵庫

「幸せランチ」の取材がありました!


にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

2019.05.04 (Sat)
 先日、読売新聞の取材がありました。
 読売新聞の夕刊(水・木・金)に「幸せランチ」という欄があり、各分野の著名な方に、お気に入りの飲食店を紹介してもらうという内容です。
 僕は著名人ではないのですが・・・(汗)、僕のお気に入りの美味しいお店を紹介することで、「補助犬の入店は当たり前」ということがアピールできればと思っています。

 僕のブログなどを見て下さっている方なら、お気に入りのお店が想像できると思いますが、記事をご覧になって下さい。
 今月末の紙面に掲載される予定です。掲載日が決まったら、お知らせします。

舞台「夢をみせてよ」の出演者募集!


にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

2019.05.03 (Fri)
ピッコロ劇団

 紙芝居「グッドガール♪シンシア」の打合せの時に、シンシアの舞台「夢をみせてよ」の脚本を担当される岡部尚子さんにも、初めてお目にかかりました。
 岡部さんは、5月24日~6月2日に上演される舞台「銭げば!」の演出のため、稽古の真っ最中で、今回は挨拶しか出来ませんでしたが、「銭げば!」の上演が終わったら、「夢をみせてよ」の脚本制作のため、シンシアのエピソードなどをお話しすることになっています。
 「夢をみせてよ」は、ピッコロシアタープロデュースの作品で、ピッコロ劇団と関西で活躍する演劇人の力を広く結集して上演するそうです。
 そのため、関西を中心に活動している男女俳優さんを募集しています。
 詳しくは、ピッコロ劇団のサイトを見て下さい。

(追伸)
 「銭げば!」は、モリエールの「守銭奴」を原作にした関西弁の人情喜劇だそうで、とっても面白そうです。
 僕たちも見に行きますが、皆さんも是非!

紙芝居「グッドガール♪シンシア」


にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いします。

2019.04.29 (Mon)
紙芝居

 昨日は、ピッコロシアターへ行ってきました。でも、観劇ではないんです。
 来年2月に、シンシアにまつわる舞台が上演されるのですが、それに関連して、介助犬の普及啓発のために、紙芝居「グッドガール♪シンシア」を、劇団員の風太郎さんが製作して下さることになり、その打ち合わせです。
 シンシアの本を3冊も読んで、事前に絵コンテも送って下さっていたので、修正や追加などは伝えてありました。
 今回は、完成した最初の3枚だけですが、紙芝居を実演してくれました。
 デフォルメされていますが、かわいいシンシア、やんちゃなシンシア、いけずなシンシアが表現されていますし、プロの俳優さんの台詞なので、感情がこもっていて、引き込まれました。

 まだ、具体的な公開方法は何も決まっていませんが、▽小学校への出前授業(紙芝居)▽風太郎さんの紙芝居と僕&デイジーの講演のコラボ▽ワークショップを開催して、希望者自身に紙芝居を色々なところで披露してもらう▽Youtubeに紙芝居の動画を公開する、などなどを検討して、子供だけでなく、多くの人に見てもらい、介助犬への理解を深めてもらいたいです。

 今回の打ち合わせの様子は、毎日新聞にも掲載される予定です。

(追伸)
 風太郎さんは俳優さんですが、学生時代は画を専攻されていたそうで、紙芝居のほか、視覚障がい者用音声ガイドの台本やナレーションなども手がけているそうです。
 それと、風太郎は「ふうたろう」と読むと思っていたのですが、「プータロー」だそうで、名刺にも「PUTARO」と書いてありました。
 「プータローは、就労可能な年齢等にありながら無職でいるものの俗称(Wikipedia)」なので、「プータローさん」と呼ぶのは、なんとなく気が引けました・・(笑い)
 | HOME |  Next »